メンタルを安定させるためのたった1つの考え方とは?

  • 2020年1月1日
  • 2020年2月22日
  • 生活

あなたは日常生活の中で、メンタルが不安定になってしまう時はありませんか?

例えば仕事であったり、人間関係であったり。

思いもしないトラブルに巻き込まれた時、 どうしていいのか分からなくなり不安になってしまいますよね。


しかしそういう人がいる一方、 トラブルに巻き込まれたとしても、メンタルが安定している人がいます。

メンタルが安定している人は、元からそういう性格だからというわけではなく、 ある1つの考え方を持っているから、どんな時でも動じずにいられるんですよね。

あなたもこの考え方を持っていれば、仕事や人間関係においてトラブルに巻き込まれたとしても、メンタルを安定させることができます。

今回はそんな、メンタルを安定させるためのたった1つの考え方について話していきます。



メンタルを安定させる方法とは?

早速メンタルを安定させるための考え方について話しておきます。

メンタルが安定している人は、 共通してこの考え方を持っているので、あなたもぜひ身につけてくださいね。


その考え方とは、他人に期待をしないことです。

他人に期待しないと聞いて、あなたは今冷たい印象を持ったんじゃないでしょうか?

でもこの考え方が非常に重要なんですよ。

他人に期待するということは、言い方を変えると誰かに依存をするということです。

誰かがやってくれるだろう、誰かが子供の事を解決してくれるだろう、誰かが自分を幸せにしてくれるだろう。

このように、あらゆる物事に対して誰かを当てにしてしまってるんですよね。


わかりやすい例で言うと収入の問題とかまさにそうで。

よくSNSで言われてますよね、手取り15万円問題。

この問題に対して文句を言ってる人って、決まって国のせいとか企業のせいにしてる人なんですよね。 

ようは他をあてにしているからこそ、こういった文句が出てくるんです。

他人に依存をしているんですよ。

誰かが自分の給料を高くしてくれると思ってるからこそ、給料が上がらないことに対して不安になり文句をいうようになります。


これに対してメンタルが安定した人は、手取り15万円問題についてどう思うか?

はなから他人に期待していないため、給料が上がらないことに対して不安になることありませんし、ましてや国や企業のせいにしたりはしません。

それどころか、給料が上がらないなら自分で稼げばいいという考えになります。

つまりどういうことか?

物事がうまくいってないなら、自分が何とかすればいいという考えを持っているわけですよ。

他人に期待してないぶん、自分に期待してるということです。

期待してるのは自分だけですから、問題やトラブルに巻き込まれたとしても、自分で何とかするという考え方を持っています。

だからメンタルが不安定になることありません。

他人に期待しない考え方を持つ方法

このようにメンタルを安定させるためには、他人に期待しない考え方を持つことが大事になります。

だからといって「いきなり他人に期待しないようにしてください」って言われても難しい話ですもんね(笑)

ここからは、他人に期待しない考え方を持つための方法について話していきます。


他人に期待しない考え方を持つためには、 何かあればラッキーぐらいな心構えでいましょう。

例えば仕事において、 あなたが同僚に仕事を任せたとします。

他人に期待した考え方を持っていると、完璧に仕事をしてくれるだろうと思ってしまうんですよね。

だからこそ同僚がミスした時、怒りがこみ上げてきてしまうんですよ。

怒りがこみ上げてきた結果メンタルが不安定になってしまう。


これが他人に期待しない考えを持っていれば、仮にミスをしたとしてもそれを許すことができます。

仕事は任せたけど期待はしないということです。

「ミスをするかもしれない、ミスなく仕事をしてくれればラッキー」といった風に、うまくいけば儲けもんって考え方を持ちましょう。

この考え方を持っていれば、ストレスを溜めることなく気持ちに余裕を持つことができます。


まとめ

今回はメンタルを安定させるための考え方について話をしました。

他人に期待しない考え方を持つことによって、外部の要因によりメンタルが不安定になる事はなくなります。

あなたもぜひ実践してみてください。



最新情報をチェックしよう!