NO IMAGE

5Gとは何か?今までの歴史と4Gとの違いを解説

最近はやたらとテレビなどのメディアで名前を聞く5G。

いよいよ2020年から、日本も5Gを利用したサービスが始まります。

ただ5Gって言われても、そもそも5Gとはなんぞやって思いますよね。

4Gから5Gに変えることによってなんかすごくなることは分かってるけど、何がどう変わるのかよくわからないと言った人が多いんじゃないでしょうか? 

今回は5Gとはいったい何なのか、そして5Gになるまでの歴史と4Gと比べて何がすごくなるのか話していこうと思います。

サービスが開始される前にこの記事を読んで、5Gとは一体どういったものなのか知っていきましょう。



5Gとは一体何なのか?

ここからは5Gの由来について話していきます。

5Gの5っていうのは5番目を意味しているんだろうなとなんとなくわかると思いますが、Gとは一体何を意味してるのか?

このGとは「Generation(世代)」のことを指していて、移動体通信システムの世代を表す時に~Gと名付けているってことです。

この数字が上がるたびに通信システムの速度や性能は上がっていきました。

つまり5Gとは通信システムの5世代目ということを意味しています。

僕はそれを知った時、現在に至るまでそれだけの通信システムがあったところにまず驚きましたね(笑)

それじゃあ今までの通信システムはどのようなものがあったのか?

通信システムの歴史紐解いていきましょう。

通信システムの歴史

ここからは通信システムの歴史である1G~4Gの歴史について話していきます。

はじまりは1980年代、この頃は1G、アナログ通信の時代です。

この時代に初めて携帯電話というものが生まれました。

初代の携帯電話というのは、今のスマホからでは想像ができないような黒くて大きくて重いものでした。

重さは約1キロ、これじゃ持ち運びも苦労しますよね。

バブリーネタで人気の芸人、平野ノラさんが肩に引っさげているのがまさにその初代携帯電話です。

そこから1990年代になり、通信システムも2Gになりました。

携帯電話のサイズも小型化し、片手で持てるほどのサイズなり、持ち運びも使い勝手も良くなっていったんですよね。

この頃の携帯電話なら知ってる人も多いんじゃないでしょうか。

この時代の携帯電話は1Gの頃の携帯電話とは違い、メールが打てるようになりました。

今まで携帯電話というのは、通話をするものとしか考えられていなかったのが、手紙のように文章を打って相手とやり取りができるようになったわけです。

そう考えると革命的ですよねメールって。

この頃から携帯電話というのは、通話をするだけのものではなくなったわけです。

さらにここから2000年代、通信システムも3Gへと進化していきます。

電波効率が上がったおかげで、音質が良くなり通話が途切れにくくなりました。

ただし進化したのはそれだけじゃありません。

3Gになってからインターネットに接続できるになったんですよね。

今まで通信機器としてしか考えられていなかった携帯電話ですが、パソコンみたいにネットで検索して色々調べことができるようになったわけです。

今では当たり前のようにスマホでネットを利用してる人が多いけど、3Gからインターネットを利用することができるようになりました。

そして2010年代、今僕たちが利用してる4Gの時代になります。

4Gになり、僕たちの生活に当たり前のように存在しているスマートフォンが誕生しました。

ここからはもう言うまでもありませんよね。

このスマートフォンが誕生したおかげで、僕たちの生活はかなり楽になりました。

自分の入れたいアプリ入れて自分の生活をより便利にしたり、スマホゲームや YouTubeなどの動画サイトの視聴といった娯楽性の面でも一役買っています。

もうスマートフォンのない生活なんて想像できませんよね。

今では当たり前のように使っているスマホですが、歴史を振り返ってみると昔の人が想像できないような生活を送ってるわけです。



4Gと5Gでは何が違ってくるのか?

このように時代が進むにつれて通信システムを進化していきました。

そして2020年、通信システムがさらに進化して5Gになるわけです。

正直これ以上何が便利になるのか?今が通信システムの進化の天井じゃないのか?と思う人もいるでしょう。

これから5Gになるわけですが、4Gと比べて何が違ってくるのか?どう進化するのか?

4Gと5Gの大きな違いは次の3つになります。

・通信速度が格段に上がる

・通信の遅延がほぼなくなる

・同時に接続できる数が増えた

次にこれらの違いを一つずつ詳しく解説してきます。

通信速度が格段に上がる

まずは通信速度が格段に上がるといった点です。

4Gの通信速度は最大1Gbpsに対して、5Gでは最大20Gbpsになります。 

これについてはどういったものか想像できるんじゃないでしょうか。

文字通り通信が速くなるので、今まで通信するのに時間がかかっていたこともより早く通信できるようになるわけです。

例えば映画など、大容量の動画をダウンロードする時。

約2時間の映画をダウンロードしようとすると数十分の時間がかかってます。

僕も映画を見ようと動画をダウンロードするのですが、ダウンロードに時間がかかってしまいイライラする機会も珍しくありません。

それが5Gになることによって、動画のダウンロード時間がたったの3秒ですむようになります。

通信の遅延がほぼなくなる

2つ目は通信の遅延がほぼなくなるということです。

具体的な速度で言うと、4Gの遅延速度は10msだったのに対して5Gになると1msと1/10の遅延速度になります。

通信の遅延がほぼなくなるとどういったメリットがあるのか?

まずテレビ観戦や番組の生中継がほぼリアルタイムで見えるようになります。

これだけだったらあまりメリットを感じないかもしれませんね(笑)

実はそれだけでなく、リアルタイム操作が行えるようになるので、今後開発されるであろう自動運転や医者の遠隔治療などのレスポンスも早くなり、より安全と信頼性の向上につながるなど広い分野で期待が持てます。

同時に接続できる数が増えた

3つ目は同時に接続できる数が増えたということです。

4Gの時は10万台/平方kmだったのが、5Gになることによって100万台/平方kmと1平方km内で接続できる数が増えたということになります。

同時に接続できる数が増えたことによって、大人数人混みの中などだとしても通信ができなくなることはありません。

例えば災害時など、人が密集して今までは通信ができていなかったものができるようになるということです。

これができるようになれば人命救助にも大きく繋がってきます。

まとめ

今回は5Gとはいったい何なのか?その歴史と4Gと比べて何ができるようになるのかについて話してきました。

歴史の中で通信システムも進化していき、そして2020年にはついに5Gへと進化していきます。

5Gになることによって、人々の生活がより便利に豊かになることは間違いないでしょう。



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

テクノロジーの最新記事8件