NO IMAGE

黒字リストラ拡大中!対象にならないためにはどうすればいいのか?

あなたはリストラという言葉を聞くと、どういったものを想像しますか?

リストラは赤字を出してる企業、売り上げが思うように伸びていない企業が人件費削減のため行なってるものだと考える人が多いと思います。

しかしリストラというのは、何も赤字の企業だけが行なっているわけではありません。

売上が黒字で十分な利益を上げてる会社でもリストラをしているんですよ。

このことを黒字リストラと言います。

 

実は近年、この黒字リストラを行っている企業が増えていってるんですよね。

製薬会社、金融機関、大手電機メーカーなどなど。

中には日本を代表するような大企業も含まれています。

今の時代は黒字を出していようと、どれだけ売上が好調だろうとリストラされる時代になってきています。

もしあなたが今働いている会社が黒字だったとしても、全く関係ないわけではありません。

明日は我が身かもしれないのですから。

リストラされた時を想像すると、不安で仕方ないですよね。

そもそもどうして企業は黒字リストラを行うようになったのでしょう?

そして自分が黒字リストラにあわないためにはどのような対策をとればいいのでしょうか?

今回はそのことについて話していきます。



人が必要なくなってきた

黒字リストラが行われるようになった一番大きな理由として、必要以上に人を雇わなくてもよくなったということです。

近年はAIやロボットなどのテクノロジーが発達したことによって、今まで人が行なっていたような作業も人を使わなくてもこなせるようになりました。

例えば、毎日同じことの繰り返しをしているデスクワークや工場のライン作業など。

新しい事を考えようとはせず、ただ現状維持の作業を淡々と続けているような仕事こそ、AI やロボットに取って代わっていきます。

言い方は悪くなりますが、そのような仕事をしている人って代えがきくんですよね。

誰でも出来るような仕事をしてるということです。

そして、そういう現状維持の作業を淡々と続けてるような人ほど、自分で考えようとはせず流れに身を任せるような人が多いです。

 

今までの時代はこのように、大きなものに巻かれて何も考えずに生活していても問題ない時代でした。

でもこれからはそうはいきません。

そういう単調な作業は、全部AIやロボットに取られていってしまうでしょう。

AIやロボットの方が、人間と違ってだらけたり怠けたりしませんから、仕事の結果が保証されています。

なのにAIやロボットで置き換えることのできる仕事を、わざわざ人間に任せるわけないでしょう。

それに人を雇うよりも、AIやロボットに任せた方がトータルのコストは削減できます。

現実味はないかもしれませんが、そういった未来が着々と近づいてきているんです。

 

あなたもネットとかで見たことありませんか?テクノロジーが発達することによって失われる仕事の一覧を。

まさかこの仕事がAIなどに取られるわけがないだろう、と思う人もいるかもしれません。

だけどテクノロジーは、私たちの想像をはるかに超えたスピードで進化しています。

だってあなたは、スマホが販売される前にスマホの誕生を予測することができましたか?ってことですよ。

予測できなかった人がほとんどでしょう。

このようにテクノロジーの進化は想像できません。

テクノロジーが進化していくことによって、将来的に人間の仕事はどんどん取られていくでしょう。

そして取られていく順番としては、まず最初に誰でも出来るような単調な仕事をしている人。

 

今そのような仕事をしている人は危機感を持ちましょう。

もしテクノロジーによってあなたの仕事が取られたとしたら、会社からすればあなたはもう必要のない人です。

真っ先にリストラの対象になるでしょうね。

そうならないためにも、今のうちから対策をとらなくてはいけません。



黒字リストラされないためにはどうすればいいのか?

じゃあ黒字リストラされないためにはどうすればいいのでしょうか?

それは言われた仕事をただやるのではなく、自ら考え実践して行動していくような自立型の人間になることです。

先ほど『現状維持の作業を淡々と続けてるような人ほど、自分で考えようとはせず流れに身を任せるような人が多い』と話しましたが、このような人たちは依存型の人間になります。

ようは誰からか指示を受けないと動けない、与えられた仕事以外のことは何もできない。

自分で物事を考えることも発言することもできない。

これが依存型の人間の特徴になります。

そういう人ほど、これからの時代リストラの対象になっていくことでしょう。

だって指示された通り動くだけならAIやロボットだって出来るわけですから。

別に依存型の人間を雇う必要はありませんよね。

人を雇った方が人件費などでトータルのコストがかかるわけですから、人を雇うメリットが企業側にはないんですよ。

 

だからリストラに合わないようにするには、企業から見てメリットのある人間にならなくてはいけません。

先ほど話した自立型の人間っていうのがまさにそうです。

これからの時代は、個人が組織や企業の壁を乗り越え、小回りの利くプロジェクトや事業を進めていく時代になります。

よりスピーディーに、より変化の激しい時代になっていくってことです。

そんな時に他人から指示されないと動けないような、自分で考えることができないような依存型人間じゃいけないんですよ。

そういう時代の変化に直面した時に、自ら考え行動ができるような自立型の人間こそが、これからの時代企業に重宝されます。

あなたが自立型の人間になることができれば、企業からリストラされることはないでしょう。

まとめ

今回は黒字リストラについて、そして自分が黒字リストラにあわないためにはどうすればいいのか話してきました。

何度も言いますが、これからの時代は誰でも出来るような単調な仕事ほどAI やロボットなどテクノロジーによって取られていってしまいます。

もし今あなたがそういう仕事をやっていたとしたら、テクノロジーによってあなたの仕事は取られ、企業から必要のない人材と見られ、最終的にリストラされることになるでしょう。

そうならない為にも、あなた自身が自ら考え、行動できるような自立型の人間にならないといけません。



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!