NO IMAGE

Windows7のサポート終了!使い続けるとどんな危険性があるの?

  • 2020年1月14日
  • 2020年2月22日
  • 生活

世の中が情報化社会となり、必需品となったパソコン。

スマホが普及してきたとはいえ、仕事やプライベートでパソコンを使う機会が多いんじゃないでしょうか。

そんな一般的なコンピュータにインストールされてるOSと言えばWindows。

最近ではmacOSを搭載したパソコンを利用している人が増えていますが、それでもパソコンを持っている多くの人はWindowsを搭載したパソコンを使用していると思います。

実際に僕もWindowsを搭載しているパソコンを使用してますからね。

 

そんなWindowsですが、2020年1月14日をもってWindows7のサポートが終了することになりました。

サポート終了までにWindows10に切り替えた人がほとんどだと思いますが、なかにはいまだにWindows7を使い続けてる人もいるでしょう。

現にWindows7を搭載したパソコンは、国内で約1393万台残ってると見られており、このまま使い続けていくと多くの危険があります。

 Windows7を使い続けているとどのような危険性が潜んでいるのか?

そしていまだにWindows7を使い続けているユーザーはどうすればいいので良いのでしょうか?



Windows7を使い続けるとどのような危険性があるのか?

まずはこのままWindows7を搭載してるパソコンを使い続けると、どのような危険があるのかそれを話していきます。

サービスが終了したパソコンを、そのまま使い続けることが危険なのはなんとなくわかるけど、どう危険なのかイメージしづらいと思います。

そういう人は、パソコンを家に例えて考えてみるとわかりやすいでしょう。

 

サポートがなくなるとメンテナンスを全く行ってもらえなくなり、セキュリティ面が低下します。

家で言うところの玄関の鍵が壊れ、窓のガラスが割れた状態。

これじゃあ外部の人間に『家に入ってください』と言ってるようなものですよね。

当然そのような家には泥棒が侵入してきます。

サポートが終了したパソコンっていうのは、つまりこういう状態なんです。

セキュリティ面が低下したことによって、外部の人間のアクセスやウイルスが侵入しやすくなってしまいます。

サポートが終了したパソコンを使い続けることが、非常に危険な状態ということがなんとなくイメージできたんじゃないでしょうか。

パソコン内のデータやフォルダが勝手に削除されてしまう

サポートがない状態でパソコンをインターネットに接続すると、ウイルスに感染してもおかしくありません。

もしパソコンがウイルスに感染してしまったら、パソコン内の大事なデータやファイル、写真やムービーなどの思い出も勝手に消される恐れがあります。

またはデータや写真などが外部に流出する危険もあるんです。

もしパソコン内に会社の機密情報や外に漏れてはいけない重要なデータなどは保存していた場合、それが奪われたり外部に漏れてしまうと会社の大きな損失につながってしまいます。

それでだけでなく会社の信頼が下がり、へたをしたらと倒産という可能性もなくはありません。

 

これが会社のパソコンではなく、自分個人のパソコンだとしたらどうなってしまうでしょうか。

パソコンの中に友人や家族との写真、ムービーなどを残していたらそのデータが消され、自分の大事な思い出が奪われてしまいます。

それだけじゃありません。

自分の個人情報であったり、クレジットカードや口座情報などが流出して、悪用される危険もあります。

もしそういった事態が起こったら、あなたのプライバシーだけではなく金融資産までも奪われてしまうのです。

そんな危険性が潜んでいると考えると、パソコンを使うのが怖くなってしまいますよね。

被害にあってからじゃ遅いんですよ。

だからこそ、セキュリティー面を大幅に強化するためにも、Windows10にアップデートしないといけません。



Windows10にアップデートするためにはどうすればいいのか?

それじゃあWindows10にアップデートするためにはどうすればいいのでしょうか?

一つ目としては、Microsoftの公式サイトから最新のバージョンをアップデートする方法です。

当初無償アップデートは期間限定だったのですが、いまだに無料アップデートができるみたいです。

まぁ僕はアップデートの作業をするのがめんどくさかったのでやらなかったんですが(笑)


もう一つの方法は、最初からWindows10が搭載されているパソコンを買うことです。

僕はこっちの方法でWindows10に乗り換えました。

家電量販店の店員さんの口車に乗せられたというのもありますが、今まで使ってたパソコンも7、8年たってましたし、もうパソコンを買ったほうが早いだろうと思ったからです。

やっぱり自分でアップデートするとなると面倒くさいですかね。

それだったら最初からWindows10が搭載されたパソコンを買ったほうが手間はかかりません。

確かにお金がかかってしまいますが、最初からWindows10が搭載されてるパソコンを買うことを僕はオススメします。

まとめ

Windows7のサポート期間は2020年1月14日に終わってしまいますが、そこからWindows10にアップデートすることも可能みたいです。

もしあなたがまだアップデートを済ませてないのなら、早めにアップデートすることをオススメします。

被害にあってからじゃ遅いですからね。

 Windows10にアップデートして、あなたも快適なパソコンライフを送りましょう。



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!