NO IMAGE

スバルがEVの新型SUVを発表!大きさや燃費は?他のSUVとは別物?

どこの自動車メーカーもEV化による次の争いが始まっているのを感じますね。

スバルが1月20日、報道関係者を対象に開催した「SUBARU 技術ミーティング」において、2020年代前半にEV(電気自動車)の新型SUVを投入することを発表しました。

そのほかにもガソリン車について、2020年に熱効率を高めた新設計の水平対向 1.8リッターリーンターボエンジンを投入することも明らかにしました。

ただ今回僕が注目したいのはEVモデルの新型SUV。

自動車業界がこれからEVが主流になっていく中で、スバルのEVがどのような車になるのでしょうか?

非常に楽しみですね。

今回は新しく発表された、スバルの新型SUVがどのようなものなのか調査していきたいと思います。

スバルのEVモデルの新型SUVとはどのようなものなのか?

今回のミーティングにおいて、スバルはCO2削減の技術ロードマップを発表していて、その中でスバルの長期的な目標が記されていました。

EVの最大のメリットとしては、従来のガソリン車とは違いCO2などの排出量を抑えることができて環境にやさしいことです。

時代の流れというのもありますが、今回掲げた長期目標を達成するためにもEVの車は必要不可欠になります。

スバルにはすでに電動車として、マイルドハイブリッドの「e-BOXER」とプラグインハイブリッドをラインアップしていますが、いずれもガソリンと電気を併用して使ってるため完全な電気自動車とは言えません。

なので今回発表した新型SUVこそ、バッテリー充電だけで走るスバルが出す完全な電気自動車となります。

続いてこれはEVとは違うのですが、2020年代にストロングハイブリッドを追加するとのこと。

スバルはEVと共にハイブリッドの開発も引き続き行っていくのでしょう。

そして忘れてはいけないのが、スバルといえばAWD(全駆動)。

もちろん今回発表したいずれの車もAWDを搭載するいわれています。

スバルは路面の状態が悪い雪国のユーザ-に人気なので、AWDが備わっているのはありがたいですよね。

スバルのAWDは他の自動車メーカーの4WDよりも優れているといわれていて、その走破性には定評があります。

そのため電気自動車だからといって、走破性が悪くなるといったことはないでしょう。

そして気になるのは新型SUVの大きさや燃費。

いくらEVによって燃費がよくなったとしても、実際にどれほど燃費がいいのか数字がないとイメージできませんし、大きさもあまりに大きいと使い勝手とかありますからね。

ユーザーとしてはそこの具体的な数字を知りたいものです。

ただ今回の発表では、具体的なスペックの話などはありませんでした。

まだスバルとしても、構想や開発段階なためまだ形にすらなっていないのでしょう。

なので引き続き詳しいスペックが発表されるのを待ちましょう。

現在発売されている他のSUVとは別物の車になるのか?

そしてもう一つは、今回発表されたEVモデルの新型SUVは現在発売されている他のSUVとは全くの別物になるのかということですね。

現在のスバルには、XV、フォレスター、アウトバックと3つのSUVがラインナップされています。

海外のスバルには、トヨタのランドクルーザーぐらいの大きさをほこるアセントがありますが、日本国内では販売されていないためここでは省きます。

インプレッサのクロスオーバーモデルとして若者や女性に人気のXV。

優れたAWD機能による走破性と大容量の収納力を備えたフォレスター。

外車のような見た目と高級感が漂ったアウトバック。

それぞれ違った個性をもっているのがスバルのSUVの特徴です。

今回発表した新型SUVは全くの新型車と考える人が多いでしょうが、もしかしたら現在あるこの3台のうちのいずれかのEVモデルとして発売されるという可能性もあるかもしれません。

現にXVとフォレスターには、ガソリンモデルとは別でハイブリッドモデルがラインナップされています。

だからどこかのタイミングでEVモデルがラインナップに加わるって可能性も考えられます。

それに現在スバルで販売されている3台のSUVは、狙ってるターゲット層も車の大きさもかぶらずに、お互いがお互いのお客さんをとりあってないという絶妙なバランス関係にあるんです。

新型SUVのサイズや用途にもよると思いますが、ひょっとしたら他のSUVとお客さんの取り合いが起こってしまい、お互いがつぶしあうという状況が起こってしまってもおかしくありません。

そういった理由もあって、今回発表されたEVモデルのSUVは、既存のSUV車のEVモデルとして販売される可能性もあるでしょう。

とにかくまだまだ発表されたばっかりで情報が少ないため、続報を待つことにしましょう。

もう少しまってたら何かわかるかもしれません。

まとめ

今回はスバルが新しく発表したEVモデルの新型SUVについて話をしました。

スバルの完全電動化した車はまだないので、ひょっとかするとこの車がスバルが出すEV車第一号になるかもしれません。

自動車業界は100年に一度の大変革期と言われてる中で、スバルも自分の生き残る道を模索して取り組んでいます。

そんなスバルが発売するEV車、どんなものになるのか非常に楽しみですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!