NO IMAGE

4時禁ルールの岐阜県中学校の学校名は?おかしい学校校則の実態

  • 2020年1月22日
  • 2020年2月22日
  • 生活

『4時禁ルール』

僕が学生時代にこのような校則があったら間違いなく反発していたでしょう(笑)

学校の校則は確かに大事です。

国にも法律はありますし、仕事をする上でもその会社の社則というものがあります。

全くルールがない状態だとみんな好き勝手な行動をとってしまいますし、ある程度ルールを決めて行動に制限をすることは必要だと思います。

だけど中には、「これ必要ないだろ?」と思えるようなルールもあります。

それが今回紹介する4時禁ルール。

これは岐阜県内の中学校の校則の1つなのですが、この校則がおかしいだろうと物議をかもしだしてるんですよね。

そんな物議をかもしだしている4時禁ルールとは一体どういったものなのか?

そして4時禁ルールを校則にしてる学校の名前は?

この校則を知った時、僕もおかしいと思ったのでこの話をしたいと思います。

4時禁ルールとは?

そもそも4時禁ルールとは一体どういった校則なのでしょうか?

4時禁ルールとは、学校の授業が午前中に終わって早く帰宅した生徒に、午後4時までは外出を禁じる校則のことをいいます。

学校によってこの校則の内容はさまざまで、自宅学習を促すだけの学校もあれば、違反した生徒には反省文を書かせるといった学校もあるんだろうです。

ふざけた校則ですよね。

これを聞いて思い出しましたが、僕が学生の時にもありましたよ。

僕は岐阜出身じゃないんで校則化はされてませんでしたが、たまに学校の先生が言ってましたね。

テストの日などで学校が午前中で終わり早く帰宅することになった時。

「午後3時までは家から出ないように」

そんなことを先生から言われましたね。

当時の僕は「はぁ?なにいってんだこいつ」って思ってました。

当然そんないうことは聞かずに、帰宅後すぐに外出して友達と遊んでいたのはいうまでもなく・・・(笑)

今となってはいい思い出ですよ。

まぁまさかそんなふざけたことが校則化されてる学校があるだなんて、そこの生徒はかわいそうだなと思いますね。

4時禁ルールがある岐阜県の中学校の名前は?

そんな4時禁ルールを校則としてる岐阜県の中学校、いったいどこの学校なのでしょうか?

じつはこれ、特定の学校だけじゃなくて、岐阜県全ての中学校にあるみたいなんですよね。

4時禁ルールの実態を話してくれた、西濃地域で学習塾を経営してる男性がいうには、西濃地域だけではなく岐阜県全体の話なんだそうで。

各市町村の教育委員会などに話を聞くと、西濃地域に限らず県内各地の中学校で4時禁に相当するルールを設けているとの回答が得られた。

出典:岐阜新聞

ということで、4時禁ルールは岐阜県内の特定の中学校が実施してるというわけではなく、岐阜県内のすべての中学校が校則としてルール決めしてるということになります。

他県出身の人からしたら異常ですよ。

僕の友人にも岐阜県出身の人がいますので、学生時代に4時禁ルールがあったのか今度聞いてみようと思います。

なぜ4時禁ルールといった校則を作ったのか?

なぜ4時禁ルールなんて校則を作ったのか?

純粋にそんな疑問が浮かんできました。

これについて各市の教育委員会が話をしていました。

岐阜市教委は「学校に残って研究授業を受けている生徒がいる中で、帰宅した生徒にも有意義に過ごしてほしいという良き文化。約束を守らない場合には相応の指導が必要」と話す。4時禁は平日に適用されることが多く、親が不在のケースもあるため、大垣市教委は「普段は学校にいる時間帯で、安全面への配慮が大きい」と説明。

出典:岐阜新聞

まぁ一丁前なことを言ってるわな、っていうのがこれを見た僕の率直な意見です。

「有意義な時間って一体なんだ?」そうも思いましたね。

早く帰宅して友人と楽しい時間を過ごすことは有意義な時間じゃないのか?

自分の好きな場所にお出かけすることは有意義な時間じゃないのか?

確かに勉強をすることも大事かもしれない。

だけどせっかく早く帰宅することができた日ぐらい、自分の好きにさせてくれと思いますね。

学校に残って研究授業をしてる生徒がいるから他の生徒も家に帰ってから勉強してねとか、全然理屈が通ってないわ。

人は人、自分は自分。

他の人がやってるから自分もやるっていうのは違うでしょ。

それをいい文化と考えているのが笑えますね。

自分の時間は自分で決めさせるべき

結局僕がこの件で思うのは、自分の時間は自分で決めさせたほうがいいってこと。

再度言いますが、校則は学校のルールとして必要なところはあると思う。

だけどこの4時禁ルールはハッキリ言っておかしいと断言できますね。

なんで学校が生徒のプライベートの時間まで制限をつけないといけないんだと。

学校が終わればその後は生徒の自由な時間、それを学校がどうこう言う筋合いはないでしょ。

生徒だって監視されてるような気がしていい気分しないと思います。

そもそも僕が思うのは、学生時代というのは勉強よりも自分が好きな事、自分がやりたいと思ったことをおもいっきりやったほうがいいって事。

それを学校が制限して押さえつけようとするのは間違ってると声を大にして言いたいですね。

まとめ

今回の報道で思ったのは、学校や地域によっていろんな校則があるんだなと思いましたね。

最終的に僕が言いたいのは、4時禁ルールみたいなふざけた校則はすぐになくせということ。

校則っていうのは、あくまで学校内だけの話にしてほしいですね。

本当に必要な校則だけが残ることを願っています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!