NO IMAGE

日本の雇用システムの崩壊!これからの新しい働き方とは?

日本の雇用システムが終わりを告げようとしています。

従来の日本の雇用システムとしては、新卒一括採用、終身雇用、年功序列型賃金などがあります。

高校や大学を卒業後、みんなが同じ時期に就職して、年齢やキャリアが上がっていくにつれて同じように出世。

そして最終的に同じ会社で定年まで働く、これが今の日本の雇用システムです。

今ある雇用システムは、日本が高度成長期時代に作られたものなので、昔はうまくいっていました。

そう、『昔は』です。

 

今の日本はご存知の通り、高度成長期じゃありません。

それどころか、むしろ景気は悪い方に進んでいます。

当然今の雇用システムが通用するわけがないんですよ。

そしてこの度、ようやく経団連は、戦後から長く続いてきた日本型雇用システムを見直すよう促しました。

今後の日本の雇用システムはどのように変わっていくのでしょうか?

そして雇用システムが変わった先にどのような未来が待ってるのでしょうか?

これからの働き方について話していきます。

これまでの日本の雇用システム

これからの働き方を話す前に、これまでの日本の雇用システムについて復習していきましょう。

先ほども少し話しましたが、これまでの雇用システムは新卒一括採用、終身雇用、年功序列型賃金などが当たり前でした。

今でもこの雇用システムを採用している会社は日本に多く、ひょっとかすると今この記事を読んでるあなたもこの雇用システムを採用している会社で働いているかもしれませんね。

この雇用システムは、景気が右肩上がりに上昇していた昔だったら魅力的なシステムだったんですよ。

例えば、一括で採用した新人をじっくりと育成することができるといった点です。

昔は今ほど時代の流れは早くなかったため、自社にあった人材に育てるための十分な時間があったんですよね。

若い内は経験を積ませて、ある程度キャリアを積んできたら昇格をさせて、その中で優れた人材はさらに出世していくと。

それに雇われてる側の社員もメリットはありました。

一度就職したら、自分が定年退職を迎えるまで会社がずっと面倒を見てくれるので、会社を辞めなくていいと安心ができます。

他にも年功序列なため、年数を重ねていけば徐々に給料も増えていったので、安定して給料が増えていくという安心感もありました。

だけど時代が変わっていくにつれて、これまでの雇用システムじゃ苦しい部分がでてきたため、これまであったメリットがだんだん薄れてきたんですよね。

あなたも知ってるかもしれませんが、昔はどこの会社も掲げていた終身雇用ですが、現代になって会社がそれを保証できなくなっています。

あのトヨタでさえも『終身雇用は難しい』と言ってるんですよね。

それじゃどこの会社も終身雇用なんて無理じゃないか。

そう思ってしまいます。

この時点で一度就職したら将来安泰といった、昔の雇用システムが通用しなくなっているんですよ。

年功序列型賃金もそうです。

終身雇用が約束されていたから意味があった年功序列型賃金。

終身雇用が保証できなくなった今、ただ昇給額がスズメの涙程度しかない欠陥システムになり下がったわけです。

どれだけ仕事で成果をあげようと、会社内で活躍しようと全然給料に反映されません。

昔もそういった不満を持ってる人がいたのかもしれませんが、終身雇用が約束されていたから我慢していた人も多いでしょう。

でも終身雇用がもう約束されていない今、従業員の不満は爆発です。

給料は全然増えていかないのに将来の安定も約束できない。

正直そういった会社で働いている人は、将来が不安で仕方ないでしょう。

会社側からみても、今の雇用システムはメリットが少ないです。

昔は新卒をじっくりと育成するだけの時間が十分にありました。

1つ1つの仕事内容や会社の方向性もすぐに変わることがありませんでしたから。

だけど今は時代の流れが早いため、1つの仕事を覚えたとしても、その仕事がすぐにつかえなくなる可能性も十分にあります。

会社もスピード感を求められる時代で、あらゆる時代の変化に対応しないといけません。

そうしないと、対応できなかった会社は途端に倒産だってあり得るからです。

シャープや東芝など、一昔は日本を代表する大企業でした。

そんな大企業であっても、時代の変化に対応できないと途端に経営が傾き、倒産の危機に直面してしまいます。

だから会社側からしたら、欲しいのは新卒よりも即戦力となる人材なんですよね。

さまざまな理由があるからこそ、今の雇用システムを一度見直して、新しい雇用システムを作らないといけません。

これからの雇用システム、新しい働き方とは?

それでこれから雇用システムはどのように変わっていくのか?

そして雇用システムが変わっていくことで、僕たちの働き方はどのように変わっていくのか?

それを考察していこうと思います。

今現在、経団連はどのように雇用システムを見直していこうと考えているんでしょうか?

まず採用面で言うと、新卒の一括採用だけではなく、中途や経験者などの即戦力となる人材を積極的に採用していくという点。

これは時代の変化が早くなったため、人材を育成する時間がなく、それよりも経験者などの即戦力を採用したほうが会社側から見てもメリットがあるからでしょう。

そして大事な賃金面。

今までは年齢や勤務年数など、会社で長く働けば働くほど優遇されて給料が増えていきましたが、これからは能力や仕事の成果に対して評価が上がり、給料が増えていく方向になっていくでしょう。

だから入社して数年の若手社員でも、仕事ができればみるみる出世して給料を増やすことも可能になるということです。

いわゆる成果主義といったものになります。

実はトヨタもこの成果主義を徹底していくという考えで、この成果主義の考え方はこれからいろんな会社に浸透していくでしょう。

だからこれからの時代、会社や社会で生き残っていくためには、仕事の能力があるのはもちろん、自ら考え行動できる積極性、時代の変化にも対応できるような柔軟性が必要になってきます。

まとめ

日本の雇用システムは、少しずつですが変化していってます。

そうなってくると、自分自身の働き方を今一度考え直す必要があります。

これまでの働き方では、これからの時代を生きていくことはできません。

これからの時代に合った働き方、仕事の向き合い方をしていきましょう。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!