NO IMAGE

トヨタが空飛ぶ車を開発!現在計画中の未来都市にて運行予定か?

漫画やアニメ、映画などでよく登場する空を飛ぶ車。

今ある自動車と違って、空を飛んで移動するため、道路を気にすることなく目的地まで最短距離で移動することができます。

これは僕だけかもしれませんが、空を飛ぶ乗り物を操縦するのって男の憧れですよね(笑)

ただ空を飛ぶ車というものは、今までフィクションの世界だけの話とされていました。

だけどこの空飛ぶ車がフィクションではなく、現実のものになるかもしれないんですよね。

というのも、トヨタ自動車が空飛ぶ自動車の開発に着手することを発表したんです。

EV車、自動運転、スマートシティ、そして今回の空飛ぶ車などなど。

最近のトヨタはなにかと動きが早いし、大胆な発表が多いですよね。

それほど100年に1度の大変革期と言われている自動車業界を生き抜くために必死なのでしょう。

もし空を飛ぶ車が完成したら、それは車は地面を走るという自動車業界の常識が覆りますし、なにより新たな移動手段の1つとして僕たちの生活をさらに良くするものになります。

この夢のような空飛ぶ車、いつ完成予定でどのように運行されていくのでしょうか?

空を飛ぶ車とは?

今回トヨタが発表した空飛ぶ車とは一体どのようなものなのでしょうか?

そもそもこの空飛ぶ車はトヨタが1から開発してるわけじゃないみたいなんです。

もともと垂直離着陸する「空飛ぶタクシー」を開発していた、アメリカのベンチャー企業である『ジョビー・アビエーション』にトヨタが億9400万ドル(約430億円)出資すると発表。

430億円って、とんでもない金額を出資してますよね!

その他にも、トヨタが設計や素材、電動化の技術開発などで協力するほか、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウをジョビーに導入していくみたいです。

確かに自動車を作るという考え方でいえば、品質や安全面で定評があるトヨタのノウハウがあれば、より質の高い空飛ぶ車が完成しますし、より早期の完成に力を貸してくれることになるでしょう。

それにトヨタの豊田章男社長によると、トヨタの空を飛ぶ乗り物は創業以来の夢らしく、トヨタがこれほどまでに力を入れてる理由もわかりますね。

現在の予定では2023年に実用化とのこと。

結構目と鼻の先だったので驚きましたよ。

空飛ぶ車が完成されることで期待できるのは、都市部での渋滞緩和。

日本は自動車大国なだけあって、自動車を保有している人がたくさんいます。

現代は都市部などの人を除けば、一家に必ず車が一台ある状態です。

そんな日本では通勤時、渋滞に巻き込まれる場面も珍しくありません。

渋滞に巻き込まれて車が全然進まないとストレスになりますよね。

最悪の場合、渋滞することで時間がかかってしまい、会社を遅刻してしまう可能性だってあります。

そんな時に空飛ぶ車があれば、渋滞に巻き込まれる心配もありませんし、自分が行きたい場所までスムーズに移動することができます。

それに空飛ぶ車を利用する人が増えれば、道路を走る車の数が減るため、渋滞がなくなっていくというメリットも。

空飛ぶ車が普及すれば、このようなメリットが期待できるんですよね。

現在開発中の未来都市にて運行か?

今回発表したこの空飛ぶ車ですが、完成したとしてどうやって運行していくのか気になりますよね。

いきなり街中を移動することはまずないでしょう。

先ほども言った通り、車は地面を走るとされていた自動車業界の常識が崩れます。

空を飛ぶとなったら道路交通法だって意味がないわけですからね。

街中を移動させるためには、なにか新しい法律を作らないといけなくなりますし、そうなってくると街中で運行するのはかなりハードルが高いです。

仮に新しい法律ができて街中で運行できたとしても、かなり時間がかかることになるでしょう。

それに空飛ぶ車が完成したら、いいことばかりではなく悪いことだって当然考えられます。

例えば空飛ぶ車同士が事故を起こしたら・・・。

車は地面に落下し、下にいた建造物や車、最悪の場合人に当たってしまう危険があります。

二次災害の可能性も十分に考えられるわけなんです。

他にも今車が走っている道路は走行する方向が決まっていますが、空を飛ぶようになると走行する方向に決まりがありません。

逆送のオンパレードになることもありえます。

まだまだ考えられる問題が多い中で、街中での運行は難しいでしょう。

じゃあ完成されたとしてどこで運行されるようになるのか?といったら、現在トヨタが開発している未来都市なんじゃないかと僕は思います。

トヨタが開発している未来都市では、AIやIOT、ロボットなどの最新テクノロジーをふんだんに活用することになっています。

自動運転の電気自動車や自動配達ユニットなども存在するわけですから、空飛ぶ車もこの未来都市で披露して運行していくんじゃないでしょうか。

逆にこれ以上のお披露目にうってつけな場所なんてありませんよね。

もしトヨタが開発している未来都市で、この空飛ぶ車が運行されたら、よりSFチックな未来都市に近づいていくことになります。

まだまだ発表されたばかりなので詳しい運用方法はわかりませんが、どのようにしてこの空飛ぶ車が活躍していくのか楽しみですね。

まとめ

今回はトヨタが新しく発表した空飛ぶ車について話しました。

最近のトヨタは、新しい試みをたくさんしていってくれてるので見ていてワクワクしますね。

空飛ぶ車が早く実現して、街中を運行することを楽しみにしています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!