NO IMAGE

モスのライスバーガーの種類は何がある?価格やカロリーを紹介

世界的ハンバーガーチェーン店マクドナルドが、ついにパンの代わりにお米を使ったライスバーガーこと『ごはんバーガー』を期間限定で販売することを発表しました。

何十年にもわたる経営の中で、初めてお米を使ったハンバーガーが販売されることに多くの人が驚いたことでしょう。

僕も長年マクドナルドにはお世話になっていますが、今回の入札が非常に驚きました。

マクドナルドがお米を使うところを全く想像できないので、逆に興味を引きますね。

期間限定とのことなので、僕も一度ごはんバーガーを食べに足を運ぼうと思っています。

お米を作ったハンバーガーと聞いて黙ったままでいられないのか、元祖お米を使ったハンバーガーこと『ライスバーガー』を販売しているモスバーガーです。

モスバーガーは長年にわたりライスバーガーを販売しているので、今回のこの発表はマクドナルドからモスバーガーへの宣戦布告ととらえる人も多いでしょう。

マクドナルドの発表によってごはんバーガーばかり注目されていますが、今一度ライスバーガーはどんなハンバーガーなのか、種類やカロリーなどを紹介していこうと思います。

ライスバーガーとはどんなハンバーガー?

歴史

実はライスバーガーの歴史は古く、誕生したのは1987年と誕生してから30年以上の歴史があるハンバーガーなんですよね。

まさかそこまで歴史が長いと思っていなかったので驚きました。

そもそも何でライスバーガーを作ろうと思ったのか?

モスバーガーは日本発祥のハンバーガーチェーン店です。

そんな日本発祥ということもあって、お米を作ったメニューを作りたいと考えたのがきっかけなんだそうです。

世界初のお米を使ったハンバーガーを作っていく上でさまざまな問題がありましたが、試行錯誤の結果ついにライスバーガーが完成。

さまざまな困難を乗り越えて作ったモスの自信作、それがライスバーガーというわけです。

種類

そんなモスの自信作であるライスバーガー、どんな種類のライスバーガーがあるのでしょうか?

ここからはその種類を紹介していきます。

 

①モスライスバーガー海老の天ぷら

モスライスバーガー海老の天ぷら
公式サイトより引用:https://www.mos.jp/menu/detail/020152/

最初はモスライスバーガー海老の天ぷら。

これはその名の通り、2本の海老の天ぷらが入った贅沢な一品になります。

海老の天ぷらだけではなく、他にもいんげんやのりなども入っています。

一番注目したいのは何と言っても海老の天ぷら。

このライスバーガー、サイズが小さい割に味がしっかりしていて、まるで食堂で作られた天丼を食べてるかのような感覚になります。

そしてほのかに香るゆずの香りがまたいい。

香りと味、 両方で楽しめる満足のいく一品です。

 

②モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)

モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)
公式サイトより引用:https://www.mos.jp/menu/detail/020130/

続いてはモスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)の紹介。

これもその名の通り、 いか・海老の海の幸に、玉ねぎ・人参・枝豆をふんだんに使ったかき揚げをご飯に挟んだ一品になります。

このかき揚げ、油っぽくなく、そしてかき揚げにかけてる塩だれも塩辛くありません。

さっぱりとした味わいが日本人の舌にあってるんじゃないかなと思います。

中には味が薄いという人もいますが、そこは好みになってしまうのでしょうね。

そして個人的にはこのライスバーガー、冷えてしまった後でも美味しく食べれます。

基本的にハンバーガーって、一度冷えたらあまりおいしくなくなってしまうじゃないですか。

たけのこのライスバーガー冷えても味が落ちることはないので、焦って食べる必要がなくなり非常に助かっています。 


③モスライスバーガー焼肉

モスライスバーガー焼肉
公式サイトより引用:https://www.mos.jp/menu/detail/020310/

そして最後はモスライスバーガー焼肉。

個人的にこのライスバーガーが一番好きですね。

まあ僕が単に肉が好きっていうのもあるんですけど(笑)

このライスバーガーは牛バラ肉を長ネギ、おろししょうが、りんご果汁などを加えた醤油ベースの和風オリジナルソースに漬け込んでご飯に挟んでいます。

このオリジナルソースもお陰で、甘味のあるお肉を味わうことができます。

そしてお肉の方もジューシーで柔らかく、なかなか食べ応えのある一品となっています。

 

ここまで3品を紹介してきましたが、どれも共通して言えることですが、日本人の口にあっているというところです。

もちろん日本発祥のハンバーガーチェーン店だからということもあると思います。

この日本人に合う味こそが、長年人気を誇ってる理由になってるんでしょうね。

価格

そしてこの3品の価格ですがこのようになっています。

「モスライスバーガー海老の天ぷら」は、417円+税。

「モスライスバーガー海鮮かき揚げ(塩だれ)」は、315円+税。

「モスライスバーガー焼肉」は、362円+税。 

まぁ価格はいたって普通というか、味を考えるとそこまで高くは感じないですね。

これだったら自分を買ってみようかなと思える価格帯になっています。

マクドナルドのごはんバーガーとの対決は?

味に定評があって人気のあるモスのライスバーガーですが、今回マクドナルドが販売するごはんバーガーとの争いが予想されます。

今回マクドナルドが販売するごはんバーガーは全部で3つ。

『ごはんてりやき』、『ごはんベーコンレタス』、『ごはんチキンフィレオ』になります。

モスバーガーと同じく3つですから、やっぱりマクドナルドもライスバーガーを意識しているんでしょうかね?

ごはんバーガーはまだ食べたことがないので何とも言えませんが、洋食好きと和食好きで好みが分かれそうだなと思います。

マクドナルドのごはんバーガーは、ご飯を使っているとはいってもメニューを見てみると洋食向け向けな気がします。

対するモスバーガーのライスバーガーは、メニューを見ても和食向けのバーガーですね。

だから洋食好きはごはんバーガー。

和食好きはライスバーガー。

こう見てみると意外とお米を使ったバーガー同士の争いも起きないんじゃないかなと思えます。

まとめ

ごはんバーガーの発表によって、ごはんバーガーばかりスポットが当てられていたので、今回はライスバーガーの特集をしました。

マクドナルドのごはんバーガーも一度食べてみて、ライスバーガーと比べてどちらがおいしいか確かめたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

旅行・グルメの最新記事8件