NO IMAGE

自動車業界のこれからを担うMaaSやCASEとは?

あなたは『MaaS』と『CASE』という言葉を知っていますか?

今自動車業界は、100年に1度の大変革期を迎えていると言われています。

そんな大変革期を迎える自動車業界の今後を左右する重要な鍵となるのが、この『MaaS』と『CASE』なんです。

MaaSとCASEによって、運転するものだとされてきた車の概念が大きく変化していきます。

新しい概念になることで、車はこれからどんなものになっていくのでしょうか?

今回はMaaSとCASEとはなにか、未来の車はどのようなものになっていくのか話していきます。

MaaSとCASEとは?

MaaS

『MaaS』とは『Mobility as a Service』の略で、日本語に訳すと『サービスとしての移動』という言葉になります。

サービスとしての移動?どういうこと?

わかりやすくすると、世の中にはさまざまな移動手段がありますよね。

例えば、バス、タクシー、電車、新幹線、飛行機など。

これら全ての公共交通機関を、ICT(情報通信技術)を活用し1つにまとめて、パッケージ化したサービスを提供する。

これがMaaSということです。

MaaSが普及していけば、僕たちの生活はより快適なものになります。

それはなぜか?

 

今あなたが旅行で公共交通機関をする時、そのサービスごとによって乗る時間帯や目的地を調べて利用してますよね。

1つの公共交通機関を利用するだけならいいですが、もしタクシーや電車、飛行機など複数の移動手段を使って旅行しようとすると、公共交通機関ごとに最適な時間帯などを自分で調べなくちゃいけないから大変になります。

それに比べてMaaSは、サービスを利用すれば複数の公共交通機関を統合してくれて、最適なルートや時間、乗り換え情報の検索、チケットの予約や支払いまでをワンストップで可能にすることができるんです。

今まで手間だった作業が全部自動で行われる。

めちゃくちゃ便利ですよね。

月額費さえ払えば、Maasを利用したサービスを受けることができます。

そうすれば公共交通機関を使った移動の際、ルートの検索から支払いまでを自動で行ってくれる。

自分は事前に購入したチケットの乗り物に乗るだけでいい。

MaaSが普及すれば、今までよりも旅行や出張などの移動が楽になるということになります。

他にも自動車を運転することが困難な子供や老人の方、それに自動車を持っていない人にもありがたいサービスなんじゃないでしょうか。

このようにMaaSが広がっていけば、さまざまな人たちの暮らしをより良いものにしていきます。

CASE

続いては『CASE』

このCASEとは、 これからの自動車の新しい技術やサービスを示す4つの言葉の頭文字を取ったものになります。 

CはConnected(コネクテッド)、つまり車自体に通信端末を内蔵してインターネットを活用し、常に車外と情報をやり取りできるようにする技術です。

IoTがまさにこれですね。

これによって、交通情報や地図情報など、24時間365日常に最適な情報を提供してくれるようになります。

続いてAはAutonomous(自動運転)、これは言葉の通り自動運転のことを指しています。

これから技術革新が進むにつれて自動運転は標準となっていくでしょう。

そのためどこの自動車メーカーも、自動運転に向けて着々と取り組みを進めています。 

自動運転の車に乗れる未来もそう遠くはないかもしれませんね。

自動運転が実現すれば、自分が運転しなくても目的地にたどり着くわけですから、移動中自分のやりたい事や作業を進めることができて効率がいいだけでなく、運転をしない分疲れないのがメリットになります。

SはShared & Services(カーシェアリングとサービス)、これはあまり日本では知られていませんが、実は今車をシェアするサービスも始まっていて、従来みたいに車を買うのではなく、 複数の人が特定の自動車を共有するというものになります。

やり方としては、カーシェアリングに事前に会員登録をして、使いたいタイミングで予約をするだけでOK。

メリットとしては、車を所有するとかかってくるガソリン代や保険代、車検代やメンテナンス代などの費用がかかりません。

そのため財布にとっても優しいところです。 

普段あまり車を使わない人はカーシェアシングの方がいいかもしれませんね。

EはElectric(電気自動車)、自動運転ともう一つ、各メーカーが取り組んでるのがこの電気自動車になります。

これからの時代はEVが主流になっていくと言われていて、中には国家レベルでEV化を進めてるところもあるほどなんですよね。

EV自動車が普及する事によって、CO2などの排気ガスを出さないため大気汚染などの環境問題に役立ちます。

それだけじゃなくて、ガソリン車と比べて振動や騒音が小さく静かなため、快適な運転ができるようになります。

ガソリン車は、走りだし時や加速時などうるさいですからねぇ。

環境問題の対策、快適なカーライフを送るためにも、EV化をぜひ進めていってほしいものです。

これからの自動車の未来

MaaSやCASEが普及することによって、これからの自動車の未来はどのようなものになっていくのでしょうか?

まず自家用車を持つ人が劇的に減ることです。

いや車がないと不便だからそんなことなるわけないじゃないか、と思い人もいるかもしれません。

そういう人は東京などの都心部で生活している人を想像してみてください。

都心部ではタクシーやバス、電車や地下鉄など公共交通機関で溢れています。

自分が行きたい場所があったとしても、公共交通機関を利用するだけでその目的の場所までたどり着くことができるんです。

だから都心部にする住んでいる人って、自家用車を保有していない、もっと言えば免許書すら持っていない人も珍しくありません。

自家用車がなくても生活することが可能だからです。

他にも自分で自動車を運転するよりも公共交通機関を使って移動したほうが楽という理由もあります。

人間は楽をしたい生き物。

自分がわざわざ労力を使わなくても移動できるならそっちの方法で移動します。

そして一度楽な道をしってしまったら、もう元の方法で移動しようとは思いません。

あなたも自転車や自動車を利用したとき、もう以前の方法で移動はできないなと思ったことはありませんか?

近所に行くだけでも、以前は徒歩や自転車で移動していたのに今は車で移動しているとか。

MaaSやCASEが普及することによって、同じようなことが世界中で起こるようになるっていうことです。

CASEが普及すれば、自動車は今まで自ら運転するものとされていた自動車の概念が、自動車は目的地にたどり着くための移動手段の1つという概念へと変わっていきます。

そして自動運転の車を自分で保有するのではなく、複数の人でシェアをするという流れになっていくでしょう。

自分が自動車を使っていない間は、友人や近所の人に利用してもらうとか。

自動車は保有するのではなく、複数の人で共有するユニットになっていくでしょう。

MaaSが普及すると、そういった共有のユニットを含めさまざまな移動手段が統合されて、都心だけでなく車が必須とされている地方の人も、自家用車が必要とならない生活を送ることができる未来がくると僕は考えています。

そうすることで、人々の生活がより便利になるだけじゃなくて、車の台数が減り環境問題の改善へとつながっていくでしょう。

まとめ

今回はMaaSとCASEとはなにか、そしてMaaSとCASEが普及することで訪れる自動車の未来について話してきました。

まだまだこの2つの言葉は、できたばかりなので知らない人も多いかもしれませんが、自動車業界は今この2つを取り組んだ活動を開始しています。

いずれ僕たちの生活にも浸透してくる日がくるでしょう。

その時が楽しみですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!