NO IMAGE

今の時代は自分チョコ!?予算や人気のブランドは?

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月22日
  • 生活

バレンタインと言えば、女性が想いを寄せる男性に好意を伝えるという意味でチョコレート渡します。

数年前からは、逆に男性が想いを寄せる女性にチョコレートを渡すというケースが増えてきています。

と言うように、時代とともに少しずつ変わっていってるバレンタインの概念。

最近では男性や女性に関係なく、自分で食べるために買う『自分チョコ』というものが出てきました。

ここまでくると、もはやバレンタイン関係なくね?って思うのは僕だけでしょうか?(笑)

これじゃあ日常と変わりがありませんからね。

そんな最近流行りの自分チョコ、予算はいくらぐらいなのでしょうか?

そして自分チョコに人気のブランドを紹介します。

自分チョコの予算はいくら?

 

自分チョコを買う人たちはどれぐらいの予算で買っているのでしょうか?

調べたところによると、自分チョコの予算の平均は約4000円。

意外だったのが本命チョコや義理チョコよりも予算が高かったということです。

義理チョコはまだしも本命チョコよりも多いとは・・・。

ちょっと男性の立場からすると複雑な気持ちになってしまいますよね。

もし僕がもらったチョコレートより自分チョコの値段の方が高いと知った時は、ショックで甘いはずのチョコレートの味が涙でしょっぱいと感じるかもしれまれん(笑)

やはり自分チョコだと、チョコレートを食べる対象が自分ですから、よりおいしくていいものを食べたいと思うから自然と予算も高くなるのでしょう。

自分チョコを買う傾向は男性よりも女性の方が強く、そのため自分チョコにかける金額は女性の方が多くなっています。

特にバレンタインシーズンになると、どこのお店も期間限定のチョコレートとか、チョコがついているお菓子を売ってますからね。

期間限定と言うこともあって味は格別。

だからこそ自分で食べたいと思う人が増えるのも納得がいきます。

人気のブランドは?

そんな最近流行りの自分チョコですが、自分チョコを買ってる人はどこのブランドのチョコ買っているのか気になりますよね。

どこのブランドが人気なのでしょうか?

ゴディバ

チョコレートといったら外せないのがゴディバ。

高級ブランドという立ち位置を確立して、男女問わずチョコレート好きなら一度は食べてみたいと思う人が多いんじゃないでしょうか。

贈り物として購入されるイメージですが、意外と自分が食べたくて買う人が多いんだとか。

普段は値段が高くて買いづらいと思っているからこそ、バレンタインの時は奮発して買う人が多い印象ですね。

実際バレンタインの時期になると、ゴディバのお店の前に大蛇の列ができているというニュースをよく見かけますし。

それだけゴディバは人気なんですよね。

ガレー

可愛さや華やかな見た目のチョコレートが欲しいと言う人はガレーがオススメです。

このブランドのチョコレートは、まるでクレヨンのような色とりどりの包装が施されています。

その鮮やかな色合いとかわいい包装が女性に大人気。

自分チョコとはまた違いますが、女性が友達に渡すいわゆる友チョコにもってこいのブランドじゃないでしょうか。

もちろん見た目だけじゃなくて味も保証付き。

なんとガレーは、ベルギー王室御用達のチョコレートとして愛されてた過去があり、見た目も味も両方が優れたブランドということです。

自分チョコを買う人は意外と多い!?

最近はバレンタインの時期ということもあってSNSなどネット上ではバレンタインやチョコの投稿をよく見かけますが、自分チョコを買おうと考えている人、すでに買っている人が意外といることに驚きました。

むしろ人に渡すために買う人よりも自分で食べるためにチョコを買う人の方が多かったりして・・・。

Twitterでも自分チョコを買おうと考えている人をたくさん見かけましたね。

こういった投稿を見ていると僕も自分チョコを買いたくなってきますよ(笑)

今年はゴディバあたりを狙ってみるか・・・。

まとめ

時代の流れなのかは知りませんが、男女ともに自分チョコを買う人は増えていってるみたいです。

バレンタインチョコは女性が男性にあげるものという風潮が強かったですが、今では男性が女性にあげたり、自分にご褒美という意味で自分チョコをかったりいろんな価値観が認められて行ってるのはいいですね。

僕もめぼしいチョコレートがあったら買ってみたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!