NO IMAGE

野村克也(ノムさん)と古田敦也の中は悪い?2人のエピソードを紹介

野村克也さんはプロ野球選手としても優秀な人でしたが、プロ野球の監督としても非常に優秀な人でした。

そのため克也さんが監督として務めたチームは多く、南海、ヤクルト、阪神、楽天と合計4チームの監督を務めていたほどです。

監督をしたチームが多いってことは、その分克也さんの教え子もたくさんいるということになります。

克也さんの指導によって一から成長して一流選手になった人、一度ピークを過ぎたと思われていたのが克也さんの指導で再び優秀な成績をたたき出すまで復活した選手。

多くの選手が克也さんの指導を受け、その野球ノウハウを取り込み成長したことだと思います。

中でも有名なのが、元ヤクルトスワローズで選手・監督を務めた古田敦也さんです。

古田さんは克也さんと同じくキャッチャーとして入団したということもあって、人一倍野村さんの指導を受けることになりました。

その指導の内容が、今の時代ではパワハラと言われても全く不思議じゃないぐらい厳しいものだったんですよね。

その指導のおかげもあって古田さんは球界を代表する超一流の選手として成長したわけですが、あまりに厳しい指導をしていたので周りから2人は仲が悪いんじゃないかと思われていたそうです。

本当に2人は仲が悪かったのでしょうか?

2人の仲とエピソードを紹介していきましょう。

野村克也さんと古田敦也さんのエピソード

そもそも野村克也さんは古田敦也さんを指名する気はなかった!?

東京ヤクルトスワローズにドラフト指名で入団した古田敦也さんですが、実は野村克也さんはドラフトの直前になって古田敦也さんを指名するのを取り消そうとしたんですよね。

理由は大学を卒業してプロ野球の世界に入った人の中で今まで名選手と呼ばれる人がいなかったからです。

確かに野村さんは大学に行かずにプロ野球の世界に入って結果を出しましたからね。

大学の野球を経験していると大学の間に変なクセがついてしまう傾向という野村さんの持論があったんだとか。

その他にも野村さんは古田さんのメガネ姿にも疑問を持っていました。

古田さんはメガネをかけていたので視力の問題などを気にしていたそうです。

「ホンマに大丈夫なんか?」と疑問を持ちながらもヤクルトは古田さんを指名して無事入団することになりました。

1年目の時からパワハラレベルの指導を受ける

ヤクルトに入団することができた古田さんですが、1年目から野村さんの厳しい指導を受けることになりました。

しかもそれが生半可な指導ではなくパワハラと言われてもおかしくないぐらいの指導だったんですよね。

古田さん曰く新人の時はめちゃくちゃ怒られたそうで、試合に負けた時には「ボケ!バカ!お前がいるから負けるんや!」と言われてたんだとか。

他にも試合でピッチャーが打たれた時には「ピッチャーを変えるんじゃなくて古田を変えろ!」とも言われたそうなんですよね。

これらの言葉を現代の仕事とかで言われたら即パワハラ案件ですよ(笑)

人によってはこの段階でつぶれてしまってもおかしくありません。

実際に古田さんも球場に行くのが嫌だったみたいですから。

古田さんはこのパワハラ発言にどう対処していたのか

野村さんからパワハラまがいな発言を受けていた古田さんですが、どのようにして対処したのでしょうか?

その方法はいたってシンプル、逆らわないことだったそうです。

これだけ聞くと典型的なブラック企業の上司に対する部下ですよね(笑)

よくこれでつぶれずにやってこれたなと思いますよ。

だから野村さんからどんなことを言われても逆らわずにハイと答えていました。

現に野村さんは日本一という実績を残しただけでなく、数々のタイトルを残すほどの名選手です。

まだ何も実績がなかった古田さんが自分の意見を言って逆らうよりも、実績のある野村さんの言葉を素直に聞いていた方がいいと思ったんだそうです。

まぁこの方法は従う上の人間によっていい方向にも悪い方向にもいきますから100%いい方法と言えませんが、野村さんと古田さんの場合はうまくいったみたいですね。

野村さんの指導があったおかげでヤクルトはリーグ優勝、そして日本一を達成することができました。

古田さん自身も日本を代表する名キャッチャーとして育ったわけですから、野村さんの指導のだけでなく、野村さんの指導につぶれずに食らいついた古田さんの忍耐力があったからだと思います。

野村克也さんと古田敦也さんは仲が悪いのか!?

過去にこういった野村さんからのパワハラまがいな指導を受けていた古田さんです。

いくら古田さんやチームを想っての指導だったかもしれませんが、指導を受けた当時は古田さんだって頭にくることが多々あったでしょう。

実際に第三者としては、古田さんが野村さんの事を嫌いになったとしてもなんら不思議じゃありませんし、2人の仲が悪いといわれてもそうなんだろうなと思うだけです。

実際にこの2人は仲が悪かったのでしょうか?

実は過去に2人の対談映像が放送されていますので、それを見れば2人の仲がわかるかもしれません。

その動画がこちらです。

2人共笑顔で対談していますよね。

野村さんもかつての教え子とこうやって対談することができて嬉しそう・・・。

確かに番組の企画だからと思う人もいるかもしれませんが、本当に仲が悪かったらこれだけ笑顔を絶やさずに対談しないでしょう。

この動画の中で古田さんがどれだけ野村さんの事を慕っているかがわかりますし、野村さんも古田さんの事をかなり評価していることがわかります。

挙句の果てに監督をやれという始末(笑)

対談も終始和やかな空気で行われていますし、過去はどうだったかわかりませんが、2人の仲は悪いどころかむしろ良好だったことがわかりますね。

まとめ

今回は野村克也さんの一番の師弟関係でもある古田敦也さんとのエピソードについて話しました。

同じキャッチャーということもあり、2人の間は硬い絆で結ばれていることを感じましたね。

野村さんが築き上げたID野球は教え子である古田さんが引き継いで広めていくでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!