NO IMAGE

大学の奨学金の無償化!?開始はいつからなの?対象大学や条件はあるのか?

大学進学が当たり前の風潮が強い現在の日本。

この記事を見ている人の中には、いずれは自分も大学に進学したいと考えている人もいるんじゃないでしょうか。

しかしご存知の通り、大学に進学するためには大金が必要になってきます。

そのために学生が資金不足のために利用するのが奨学金。

毎月あらかじめ決めた額のお金を借りて、自分が就職してから奨学金の返済をしていくといったものです。

ただこの奨学金の返済が現在問題になっているんですよね。

というのも奨学金の額が多すぎて、就職してから返済に苦しむ人が多いということ。

中には返済をしきれなくて自己破産を選択する人も少なくありません。

その問題を解決するために生まれたのが「大学無償化」は正しくは「高等教育無償化」になります。

名前の通り、今まで大学に進学するために多額の資金が必要となっていたのが無償かされるというものです。

これから大学進学を考えてる人にとってはありがたいシステムですよね。

ただ気になるのが、どの大学でも無償化は適用されるのか?そして無償化されるのには何か条件があるのか?ですよね。

今回はこの大学無償化について調査してきました。

大学奨学金の無償化とは?

大学無償化というのはどういったものなのでしょうか?

これまでは経済的に大学で勉強するのが苦しい学生は、日本学生支援機構などの奨学金制度を利用することが多く、卒業後に長期間返済が続いてしまい就職後の負担が大きい事が問題となっていました

そこで今回の大学無償化を受けることによって、返済義務のない給付型奨学金と授業料減免制度による支援になるので、制度を利用することによる本人の負担は一切なくなるというものになります

給付型奨学金の方は、自宅からの通学かどうかと通学先が私立か国公立かによって金額が異なり、最高で年間91万円の給付を受ける事ができます

もう一つの授業料減免制度は、入学金と授業料をそれぞれ免除されるもので、入学金は最大28万円、授業料は最大で年間70万円もの額が免除されます

これはもう学生救済システムと言ってもいいでしょう。

文句をいうのもなんですが、もっと早くできてもよかったんじゃないかなと個人的には思いますけど。

この大学無償化によって今まで金銭面の問題で大学を諦めるしかなかった学生も、多額の奨学金の返済に苦しみ自己破産を選ぶしかなかった人も救うことができるというわけです。

大学奨学金の無償化を受ける条件とは?

学生にとってありがたい大学無償化ですが、当然誰でも受けれるわけじゃなくていろいろと条件が必要になってきます。

その条件とは一体なんなんでしょうか?

奨学金の無償化を受けれる大学

大学の無償化は国公立や私立の大学だけでなく、短大や高等専門学校、専門学校も含まれます。

4大だけじゃなくて短大や専門学校にも適用されるなんてありがたいですね。

しかし全ての学校が対象となっているわけではなくて、経営に問題がなく十分な教育体制が整っている学校に限られています。

志望する学校が対象になっているかどうかは文部科学省のホームページで確認ができるので、あなたが志望している学校が対象かどうかぜひチェックしてみてください。

奨学金の無償化の対象になる学生

続いて無償化を受けられる学生の条件ですが、大きく3つあります。

1つ目は住民税の非課税世帯とそれに準ずる世帯の学生であることです。

世帯年収は380万円未満とされていて、世帯年収380万円以上の場合はは基本的に大学無償化の恩恵を得られないと考えておけばいいでしょう。

例えば、ひとり親世帯(母のみが生計維持者)の住民税非課税世帯で、子1人の場合、年収がおおよそ210万円未満の場合に標準額の支給が受けられることになります。

やはり貧しい家庭で生活する学生が救済されるんですね。

ちなみに年収380万円未満の世帯だったとしても、世帯年収270万円以上の場合ではそれぞれ所得額に応じて支援が減額されますということも覚えておきましょう。

2つ目は保有資産の合計金額です。

生計維持者が2人の場合は2000万円未満、生計維持者が1人の場合は1250万円未満とされています。

まさか資産も関係しているなんて驚きました。

まぁ資産があるならそれを売ってお金を作ればいいだろうって考えなんでしょうね。

3つ目は学業成績がよく学修意欲があるということ。

これは当然ですよね。

勉強ができない人、勉強する意欲がない人を無償化するよりも、勉強ができてなおかつ勉強に意欲的な学生を無償化させた方がいですから。

既定の中には学生自身の学業成績や学習意欲に関する内容もありますが、高校在学時の成績で否定的な判断をしないと記載されています。

つまり勉強の成績が良くなくても学習に対する意欲が認められればOKってことになりますね。

たとえ基準の成績を下回ったとしても、レポートや面談などにより学習意欲を判断するため挽回の余地が十分あるってことです。

とはいってもあまりに成績が悪いとはじかれるでしょうけど・・・(笑)

大学奨学金の無償化の手続き時期

最も重要なのはいつどのタイミングで無償化の手続きをすればいいのかってことですよね。

ますは自分が志望している学校が無償化の対象か調べましょう。

もし自分が志望する大学が対象になるのであれば、学校を通じて申し込んで必要な書類を準備しましょう。

これに関しては、進路相談の先生に事前に相談しておくとスムーズにいくかもしれません。

7月頃には、必要書類を学校へ提出して、同時に日本学生支援機構への申し込みを行います。

そして8月頃に学校から日本学生支援機構へ推薦してもらい、その後の選考によって対象者になっていれば支給が始まる、といった流れになります。

手続きには事前に準備することが多いので、もし大学無償化を受けようと考えているなら早めの行動を心掛けた方がいいですね。

まとめ

今回は学生の救いの手となる大学無償化について調査しました。

これによって金銭的に進学するのが難しかった、あるいは奨学金によってその後の生活が苦しくなるであろう学生を少しでも救うことができるんじゃないでしょうか。

もしあなたが大学無償化を受けたいと考えているなら一度調べてみるといいかもしれませんね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!