NO IMAGE

ホワイトデーのお返しには意味があった!?困ったらこれを渡そう

バレンタインデーの対になる日、それがホワイトデー。

基本ホワイトデーはバレンタインで女性からチョコレートをもらった場合に、男性がそのお返しをする日と言われています。

とはいっても最近ではバレンタイン同様その固定概念がだんだん薄まっていき、男性が女性にお返しするだけじゃなく、女性から男性にあるいは同性の友人とかにお菓子やプレゼントを渡すという流れもあります。

あなたも学校や職場、習い事やサークルなどなど、さまざまな場面でチョコレートをもらう機会があったんじゃないでしょうか。

ただバレンタインデーは一年に一度の一大イベントのように扱われていますが、どうもホワイトデーはバレンタインと比べて軽視されているような風潮がありますよね。

だからといってお返しもなんでもいいやと考えながら渡すと痛い目に合うかもしれません。

というのもホワイトデーでお返しするプレゼントにはお菓子によってさまざまな意味が込められています。

それを知らないままお菓子を買ってホワイトデーにお返しとしてプレゼントをしてしまうと、相手の女性に思いもよらない勘違いをされてしまう場合も。

そうならないためにも、ホワイトデーのお菓子に込められた意味を一つずつ解説していこうと思います。

ホワイトデーの由来

バレンタインの起源はヨーロッパとされています。

そのためホワイトデーもバレンタインと一緒にヨーロッパで生まれ広められたと思っている人も多いんじゃないでしょうか。

しかしホワイトデーの起源はヨーロッパではなく実は日本なんですよね。

これを知った時僕も驚きましたが、ホワイトデー誕生の背景には日本人の特性があったからなんだそうです。

日本人は相手に何かをしてもらった、相手から何かをもらったらそれをお返ししたいと考える人が多いです。

いわゆる返報性の法則ってやつですね。

バレンタインが日本で流行った1960年ごろにはチョコレートをもらうだけで、それをお返しする日はありませんでした。

そこに目をつけてホワイトデーを作ったと言われているのが、福岡市の老舗菓子屋さんと、全国飴菓子工業協同組合です。

福岡の老舗菓子屋さんである石村萬盛堂の当時の社長が『なぜ、バレンタインデーのお返しの日が、無いのか?』と言う雑誌の記事を見てホワイトデーを考えました。

当時雑誌の記事でもしも、お返しを貰えたら、何が嬉しい?というアンケートが掲載され、そのアンケートの上位にマシュマロがあったので、マシュマロを販売する事にしたようです。

そのアンケートを参考に石村萬盛堂が発売したのが白いマシュマロ。

当時は3月14日はマシュマロデーと呼ばれていましたが、年月が経つにつれて今のホワイトデーになったといわれています。

こういう経緯でホワイトデーができていったんですね。

ホワイトデーでプレゼントするお菓子ごとの意味

ホワイトデーの由来を話したところで、ここからはホワイトデーでプレゼントするお菓子ごとの意味を紹介していきます。

渡すお菓子によってその意味が全然違ったものになりますので、あなたがお返しをしようと考えているなら注意してくださいね。

マシュマロ

まずはマシュマロから話していきます。

ホワイトデーの由来となったのがマシュマロデーなら、マシュマロをお返しとして渡しても大丈夫だろと考えるかもしれません。

しかし現在マシュマロを渡す意味として「あなたのことが嫌いです」という意味が込められています。

「ホワイトデーが誕生した当初はマシュマロが鉄板だったのに何があったんだよ!?」と思ってしまいますよね。

もしその意味を知らずに想いを寄せている人に渡してしまったら・・・。

昔はお返しの定番でしたが、今はいい意味が込められていないので注意しましょう。

クッキー

続いてはクッキーです。

無難なお返しとしてよく渡す人が多いんじゃないでしょうか。

僕ももらった時は無難にクッキーをお返しすることが多いですね。

そんなクッキーの意味は「あなたとは友達のままでいたい」です。

どちらかと言ったら自分が想いを寄せている人に渡すよりも、自分が好きではない子、このまま友達として関係を続けていたい人に渡すといいでしょう。

あとは友達同士でお返しをしあう時にクッキーを渡すのがいいかもしれませんね。

キャンディー

お次やキャンディーです。

ホワイトデーのお返しでキャンディーを渡す人は少ないかもしれませんが、実はキャンディーには「あなたのことが好きです」という意味が込められています。

キャンディーには悪いですが、そんな重要な意味があるなんて思ってもいませんでした。

キャンディーって結構手軽に渡せるものですからね。

ってことはキャンディーをいつもくれる大阪のおばちゃんは・・・(笑)

もしあなたが想いを寄せている人からチョコレートをもらったなら、そのお返しにキャンディーを渡してみてはどうでしょうか。

マカロン

最後はマカロンになります。

マカロンには「あなたは私にとって特別な人です」という意味が込められています。

これってとらえ方によりますよね~。

特別な人といっても、好きな人とも友達ともとらえることができますし。

もちろん友達以上恋人未満、いわゆる親友ポジションの人に渡すならうってつけです。

もしあなたが想いを寄せている人に渡すというなら、その気持ちが伝わるような何か別のものも一緒に渡した方がいいかもしれませんね。

まとめ

今回はホワイトデーの由来とプレゼントするお菓子別の意味について話してきました。

ホワイトデーの由来が日本というのもそうですし、渡すお菓子によって意味が全然違ってくるなんて驚きですよね。

あなたもホワイトデーのお返しをする予定があるなら、渡すものには十分注意して選びましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!