NO IMAGE

コロナ感染者3人が同じライブハウスにいた?場所やライブの名前は?

新型コロナウイルスにした3人の感染者が、同じライブハウスで開催されていたライブに参加していたことがわかりました。

その3人とは、29日に感染が確認された高知県に住む30代の女性看護師、25日に札幌市で感染が確認された大阪府に住む40代の男性、そして27日に感染が確認された大阪府の40代男性会社員。

まさか後の新型コロナウイルス感染者が同じ場に居合わせていたなんて。

そうなってくると同じライブ会場に居合わせた他のお客さんにも間違いなくウイルスが感染していることでしょう。

今回3人が参加していたライブは100人もの人が参加していたみたいですから、これからもライブ参加者の感染が複数確認されるかもしれません。

同じライブに参加された方は十分注意して一度病院で確認するといいかもしれませんね。

そんな感染者が3人も参加していたライブですが、一体どこのライブ会場で行われたのでしょうか?

そして参加したライブの名前はなんなのか調査してきました。

新型コロナウイルスの感染者の3人が参加していたライブは?

ライブの名前

今回新型コロナウイルスに感染した3人が参加していたライブの名前は『カツオコレクション vol.55』

ライブは15日午後6時半に開演し、午後9時ごろ終わったとのこと。

高知県の30代女性が大阪に旅行していたのもこのライブに参加するためだったんですね。

このライブに関して大阪府からも注意喚起が出ています。

令和2年2月29日、高知県の1例目の新型コロナウイルス感染症患者Aが大阪市保健所管内のライブハウスで開催されたコンサートに参加し、不特定多数の方と接触している可能性があることが判明しましたので、広く注意喚起をするものです。
また、2月25日に札幌市で感染が判明した患者B(大阪府民)及び2月27日に感染が判明した大阪府2人目の患者Cは本コンサートに関係者として参加していました。
なお、当該ライブハウスについては、2月15日から2週間が経過し、大阪市保健所の指示の下、施設消毒を完了しているものです。

引用:http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=37582

ライブ会場の名前

ライブ会場の名前は『大阪京橋ライブハウスArc』

住所は大阪府大阪市都島区東野田町1丁目1−4 IBCビル。

地図はこちらになります。

キャパシティは200名程度とそこまで広くはないライブハウスですね。

キャパシティ200名のライブハウスに約100名ほどのお客さんが参加していたわけですから、他のお客さんにウイルスが移る可能性はかなり高いです。

ライブの出演者

ライブの出演者はこちら。

ZILCONIA

GRAND COLOR STONE

KING

フラチナリズム

ライブの参加者ももちろんですが、ライブの出演者にスタッフの人たちにもウイルスが感染している可能性があるので十分注意してほしいものです。

ライブの出演者やスタッフにもウイルスが感染している可能性がありますから、今後イベントの中止を余儀なくされるかもしれません。

3人の新型コロナウイルス感染者が参加していたライブの報道を聞いた人々の反応

今回新型コロナウイルスに感染した3人が同じライブに参加していたことを知って、多くの人が反応を示しています。

中にはアーティストのライブを中止させて正解だという声も聞こえてきました。

その一部を紹介します。

まとめ 

今回新型コロナウイルスに感染した人がライブに参加していたということで、今後このようなことが起こらないように、中止するライブやイベントが増えていきそうですね。

ウイルスの感染の拡大を防ぐためにはこうするしかありません。

人々の安全を優先して今後のイベントやライブは中止の方向にもっていった方が賢明ですね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!