NO IMAGE

静岡県初!新型コロナウイルス感染者を確認!搬送先の病院は?場所はどこ?

2020年2月28日、静岡県で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。

最近では感染が初めて確認された都道府県が増えてきて、ウイルスの感染範囲が徐々に広がっていることを実感します。

いつ誰がウイルスに感染してもおかしくない状況となっていますね。

今は感染者が見つかっていない地域だとしても、感染者が確認されるのはもはや時間の問題かもしれません。

だからこそ1人1人が意識をして新型コロナウイルスの感染予防を実施しましょう。

僕たちにできることといったらそれぐらいしかありませんから。

今回静岡県で初の新型コロナウイルスの感染者が見つかったということで、感染が確認された人はどんな人なのでしょうか?

そして感染者はどこの病院に搬送されたのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

静岡県で新型コロナウイルスに感染した人はどんな人?

感染者は60代の男性でダイヤモンド・プリンセスの乗客

今回新型コロナウイルスに感染したことが確認された人は静岡県静岡市に住む60代の男性で、男性は集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客ということがわかりました。

男性はウイルス検査の結果、陰性が確認され下船されていたとの事です。

このことはニュースで取り上げられています。

静岡市の男性が新型コロナウイルスの感染が確認されました。

静岡県内での感染者の確認はこれが初めてです。

感染が確認されたのは静岡市の男性で、横浜港で検疫中のクルーズ船から下船した乗客です。

関係者によると男性は60歳代で、静岡市は28日夜会見を開き、詳細について説明する方針です。

引用:Yahooニュース

ダイヤモンドプリンセスの乗客の感染報道が多いですね。

ダイヤモンドプリンセスで陰性が確認されて下船した人の中で、その後陽性になった人もいますから、今回の男性も陰性だったものが陽性に変わったのでしょう。

こうなってくると他の陰性だった乗客も気になりますよね。

陰性で下船した人は他にもたくさんいると思いますし、今はよくてもそのうち陽性が確認されるかもしれません。

しかも乗客がそれぞれ自宅に帰った今、誰がどこに住んでいてどんな生活をしているのか把握することは不可能です。

もしかしたらあなたのすぐそばにもいるかもしれません。

気をつけたいですね。

静岡県初!新型コロナウイルスに感染した60代男性が入院している病院は?

今回ウイルスに感染した60代の男性は一体どこの病院に搬送されて入院しているのでしょうか?

静岡県には感染症指定医療機関が第一種、第二種合わせて12棟の病院があります。

 

静岡市立静岡病院

下田メディカルセンター

公益社団法人地域医療振興協会 伊豆今井浜病院

国際医療福祉大学 熱海病院

裾野赤十字病院

富士市立中央病院

静岡市立静岡病院

市立島田市民病院

磐田市立総合病院

掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター

浜松医療センター

浜松市国民健康保険佐久間病院

 

感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐということで、明確な入院先は公表されていません。

ただ今回新型コロナウイルスに感染した60代男性は静岡市に住んでいるということで、第一種感染症指定医療機関でもある静岡市立静岡病院に入院しているのではないでしょうか。

どちらにせよはやく完治して元気になってくれるといいですね。

静岡県で初となる新型コロナウイルスの感染報道を聞いた人々の反応

今回の静岡県で初となる新型コロナウイルスの感染報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ 

静岡県でも新型コロナウイルスの感染者が確認されましたね。

ここから感染が広がっていかないといいです。

静岡県に住んでいる人はとくに注意しましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!