NO IMAGE

名古屋の一般病棟に新型コロナウイルス感染者!どこの病院に入院してるの?

新型コロナウイルスに関するとんでもないニュースが報道されました。

なんと愛知県名古屋市にある病院の一般病棟に新型コロナウイルス感染者が入院していたとのこと。

感染者は当初肺炎球菌性肺炎と診断され、その後一般病棟に入院。

4人部屋ということで、部屋には他にも患者が入院していたらしいです。

そして27日深夜から容体が悪化し、28日午後に重症患者用個室に移り、病院は29日午前1時ごろに名古屋市の保健センター(保健所)に連絡、午後4時過ぎに新型コロナウイルスの陽性結果が判明しました。

これってかなりマズいことですよね・・・。

一般病棟で入院してから重症患者用個室へ移るまで期間が空いていますし、間違いなく他の患者さんや看護師さん、医師の方と接触していたでしょう。

とくに一番心配なのは他の患者さんですよね。

入院している患者さんですから、免疫力がかなり低い人たちだと思います。

今までの報道からしても免疫力が低い人がウイルスに感染しているので、他の患者さんにも感染する可能性は大いにあります。

他の患者さんに感染していたら、下手すると病院全体に感染が広がるかもしれません。

そうならないためにも感染のチェックを徹底してほしいですね。

今回感染者が入院している病院はどこなのでしょうか?

それを調査してきました。

新型コロナウイルスに感染して入院していた病院は南生協病院

今回新型コロナウイルスの感染者が入院していた病院は、愛知県名古屋市にある南生協病院になります。

住所は

地図はこちら。


病院の周辺には大型ショッピングモール、イオンモール大高があります。

病院外にウイルスが出ていかないとは思いますが、もしウイルスが病院がいに漏れるようなことがあると大勢の人に感染する可能性も。

かなり危険な場所に病院があるんですね。

感染したのは70代女性

今回感染が確認されたのは名古屋市に住む70代女性。

ネットニュースでも今回の件が取り上げられています。

名古屋市は2月29日、市内の70代女性が新型コロナウイルスに感染し、意思疎通ができない重篤な状態となっていると発表した。同市緑区の南生協病院で治療を受けており、病院は救急と外来患者の受け入れを停止した。愛知県内で29人目の感染者となるが、これまでに他の感染者との接触は確認されておらず、感染経路は不明という。

引用:Yalooニュース

ちなみに感染した女性と同じ部屋にいた3人の容体は今のところ安定しているそうです。

病院は女性が入院していた病棟の医師や看護師らおよそ40人を自宅待機とし、当面外来診療を休止するとしています。

ここから新しい感染者が出てこないといいですね。

新型コロナウイルスに感染した女性が一般病棟で入院していたことに対する人々の反応

今回新型コロナウイルスに感染していた女性が病院の一般病棟に入院していたということで、人々からはたくさんの反応が見られました。

やはりここから別の患者さんに感染しないかと心配していますね。

その一部を紹介しましょう。

まとめ 

一般病棟に入院していた患者さんが新型コロナウイルスに感染していたということで、今回に限らず他の病院でも今回みたいなことが起こっても不思議じゃありません。

他の病院でも徹底的に検査をしてほしいものですね。

もし他の患者さんに感染でもしたらそれこそ取り返しのつかないことになってしまいます。

今回みたいな件が他で起きないことを願っています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!