NO IMAGE

高知県3人目の新型コロナ感染者!ライブハウス参加との繋がりも!?

高知県で3人目となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。

1人目の感染者が確認されてから高知県でも感染者が着々と増え続けています。

他の地域でもそうですが、やはり1人が感染すると連鎖して感染が広がっていきますね。

今感染者が見つかっている地域は、より感染が拡大していくかもしれないので注意しましょう。

もし今感染者が確認されていない地域でも、1人感染者が確認されたら急速に拡大する可能性は十分にあるので、予防対策はキッチリ取らないとですね。

そして今回ウイルスに感染した人は、大阪市で集団感染が確認されたライブハウスのライブに参加した、30代女性看護師とのかかわりのある人物だということがわかりました。

30代女性看護師もすでに新型コロナウイルス感染が確認されていますし、間違いなく女性看護師と接触したから感染したのでしょう。

今回感染した人はどんな人でどのような経路で感染したのでしょうか?

そこを調査してきました。

高知県3人目の新型コロナ感染者は30代女性看護師の友人

今回高知県3人目となる新型コロナウイルス感染者は、高知県高知市に住む30代女性ということがわかりました。

女性は病院の職員として勤務していて、ライブハウスに参加していた30代女性看護師とは友人だそうです。

ちなみに今回感染した女性職員と女性看護師は別の病院に勤務しているとのこと。

最初同じ県の同じ市の病院に勤務しているということで、てっきり2人は同じ病院に勤務しているのかと思いましたよ。

これについてはネットニュースでも取り上げられています。

感染が広がる新型コロナウイルスについて、高知県と高知市は2日夜、同市の病院に勤務する30代の女性職員の感染を新たに確認したと発表した。県内3人目となる。既に感染が確認されている同市の30代女性看護師の友人。2人は2月14日に会って話をし、看護師は翌15日、複数の感染者が確認された大阪市のライブハウスを訪れている。

引用:毎日新聞

今回高知県で確認された感染者は3人目で、2人目は30代女性看護師の母親だそうです。

やっぱり1人が感染したら、感染者の身近な人に感染していく流れになりますよね。

ここから友人や知人経由でさらに感染が広がっていくかもしれません。

高知県3人目となる新型コロナウイルス感染者の感染経路

今回確認された30代女性職員はどのような経路で感染したのでしょうか?

これが感染するまでの流れになります。

 

2月14日 友人である30代女性看護師と接触

2月24日 咳や痰などの症状を確認

2月25〜29日 医療機関を受診、咳や痰、発熱などの症状が続く

3月1日 新型コロナウイルスの検査

3月2日 検査の結果、新型コロナウイルス感染を確認

 

この流れからわかるように、今回感染した30代女性職員は集団感染があった大阪のライブハウスにはいっていません。

しかも県と市の合同記者会見によると、女性職員は2月14日に自宅の玄関で1人目の感染者である30代女性看護師と約30分間会話をしたそうです。

女性看護師と接触したのはこの1日だけとのこと。

そして30代女性看護師が大阪のライブに参加したのは2月15日。

てことは高知県で1人目の感染者である30代女性看護師は、大阪のライブハウスで感染したわけじゃなくて、それ以前からウイルスに感染していたということになります。

僕はてっきり大阪で感染したものと思っていたので、これには驚きです。

じゃあ30代女性看護師は一体どこでウイルスに感染したのでしょうか?

もしかしたら確認されていないだけで、すでに高知県には他にもたくさんの感染者がいるのかもしれません。

謎は深まるばかりですね・・・。

高知県3人目の新型コロナウイルス感染者報道を聞いた人々の反応

今回高知県では3人目となる新型コロナウイルス感染者ですが、その報道を聞いた人々からは多くの反応がありました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ

高知県でも新型コロナウイルス感染が広がってきています。

他の地域もそうですが、感染を広げないためにも1人1人が予防対策を取らないといけません。

苦しい状況ですが、感染の拡大を少しでも阻止できるように頑張りましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!