NO IMAGE

群馬県初の新型コロナウイルス感染者は誰?感染経路や入院先の病院は?

2020年3月7日、群馬県で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたという報道がありました。

そんな中でついに群馬県でも感染者が確認されてしまいましたね。

最近は感染者が確認されていない都道府県で感染者が確認されたという報道が多いですね。

このままだと全都道府県に1人以上は感染者がいるという状態になります。

今は感染者が確認されていない地域に住んでいたとしても油断はできません。

いつどこで感染者が確認されてもおかしくない状況になっています。

1人感染者が確認されてから、感染が拡大していくのがとても早いです。

今後も群馬県で感染者が確認されていくでしょうから、群馬県に住んでいる人は十分注意しましょう。

今回群馬県初となる新型コロナウイルス感染者ですが、一体だれでどのような経路で感染したのでしょうか?

そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

群馬県初の新型コロナウイルス感染者は誰?

感染者は群馬県太田市に住む40代女性保育士

群馬県で初となる新型コロナウイルス感染者は群馬県太田市の40代女性保育士ということがわかりました。

今回の感染報道はネットニュースでも取り上げられています。

群馬県によりますと、県内に住む1人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。

群馬県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは、これが初めてです。

群馬県はこのあと、午後7時ごろから山本一太知事が記者会見し、詳しい内容を発表したあと、対策本部会議を開くことにしています。

引用:NHKニュース

保育士ということですから、40代女性が勤務している保育所が心配ですね。

保育所にいる子供たちや他のスタッフさんに感染していないといいんですが。

あとは女性は重症ということですから心配ですね。

群馬県初となる新型コロナウイルス感染者の感染経路は?

今回感染が確認された群馬県の40代女性保育士の感染が確認されるまでの流れがこちらになります。

 

2月27日 熱などの症状があるも出勤

2月28日 勤務先の保育所を早退

2月29日 医療機関を受診

3月02日 勤務先の保育所を早退

3月06日 医療機関にて検体採取

3月7日 検査の結果新型コロナウイルス陽性を確認、入院

 

熱などの症状がある状態で勤務先に行っていたことから、保育所にいる子供たちや他の保育士に感染している可能性は高いです。

子供はとくに免疫力が低いから心配ですね。

感染が拡大していないといいんですが。

群馬県初となる新型コロナウイルス感染者の入院先の病院はどこ?

群馬県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて12棟の病院があります。

その一覧がこちら。

 

群馬大学医学部附属病院

前橋赤十字病院

独立行政法人国立病院機構 渋川医療センター

伊勢崎市民病院

独立行政法人国立病院機構 高崎総合医療センター

公立藤岡総合病院

公立富岡総合病院

原町赤十字病院

独立行政法人国立病院機構 沼田病院

SUBARU健康保険組合 太田記念病院

公立館林厚生病院

桐生厚生総合病院

 

今回は群馬県初となる新型コロナウイルス感染者ということで、感染者は第一種感染症指定医療機関でもある群馬大学医学部附属病院に入院している可能性が高いのじゃないでしょうか?

感染者が早く完治してくれるといいですね。

群馬県初の新型コロナウイルス感染者の報道を聞いた人々の反応

今回の群馬県初となる新型コロナウイルス感染者の報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ

ついに群馬県でも新型コロナウイルス感染者が確認されてしまいましたね。

今後も群馬県内で感染者が増えていくと予想されます。

群馬県に住んでいる人は十分注意しましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!