NO IMAGE

山梨県初の新型コロナウイルス感染者は誰?感染経路や入院先の病院は?

山梨県で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。

ついに山梨県でも新型コロナウイルスの感染者が確認されてしまいましたね。

本当に新型コロナウイルスの感染力はすさまじいものがありますね。

新しい地域で感染者が見つかりまくりですから、感染に勢いが止まっていないことがわかります。

もう日本で感染者がいない地域の方が少ないでしょう。

このままいったら日本全土にウイルスがまんえんすることになります。

というか確認されていないだけで、すでに日本全土に感染者はいるのかもしれません。

あなたも自分が感染しないように日ごろから予防対策を徹底していきましょう。

今回山梨県で感染者が確認されたということで、これから山梨県でも感染者が増えていくかもしれません。

山梨県に住んでいる人は十分注意しましょう。

今回山梨県初となる新型コロナウイルス感染者は一体だれでどのような経路で感染したのでしょうか?

そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

山梨県初となる新型コロナウイルス感染者は誰?

感染者は山梨県内に住む60代男性会社員

今回確認された感染者は山梨県内に住む60代男性会社員ということがわかりました。

このことはネットニュースでも取り上げられています。

山梨県内に住む60代の会社員の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。山梨県内で感染が確認されたのは初めてです。

山梨県の長崎知事は6日夜、県庁で会見を開き、県内に住む60代の会社員の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと明らかにしました。

山梨県内で感染が確認されたのは初めてです。

男性は先月21日から23日まで大阪や和歌山に車で旅行に出かけたあと県内に戻りましたが、先月28日の夜から熱や頭痛、体の痛みなどの症状が出たということです。

そして、6日の検査で感染が確認されたということで、現在、入院していますが、症状は軽いということです。

引用:NHKニュース

今回の感染者は60代の高齢者ですが、現在は年代関係なく多くの感染者が確認されています。

最初は高齢者がかかりやすいという印象でしたが、今はそんなことありません。

どの年代の人であっても感染予防を徹底しないといけませんね。

山梨県初の新型コロナウイルス感染者の感染経路は?

山梨県初の新型コロナウイルス感染者ですが、どのような経路で感染したのでしょうか?

こちらが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。

 

2月21日 大阪府と和歌山県に自家用車で旅行

2月22日 大阪府と和歌山県に自家用車で旅行

2月23日 大阪府と和歌山県に自家用車で旅行

2月24日 勤務

2月25日 勤務

2月26日 勤務

2月27日 勤務

2月28日 頭痛や体の痛みの症状を確認

2月29日 自宅療養

3月3日 自宅近くのスーパーなどで買い物

3月4日 かかりつけ医を受診

3月6日 検査の結果、新型コロナウイルス陽性を確認

 

大阪府と和歌山県ではすでに新型コロナウイルス感染者が確認されています。

とくに大阪府は感染者が多いですから、旅行中に感染したのでしょう。

それに感染が確認されるまで期間が空いています。

他の従業員とかに感染していないといいんですが。

山梨県初の新型コロナウイルス感染者が入院している病院はどこ?

今回確認された感染者は現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

山梨県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。

その一覧がこちら。

 

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院

市立甲府病院

北杜市立甲陽病院

公益財団法人山梨厚生会 山梨厚生病院

峡南医療センター企業団 富士川病院

国民健康保険富士吉田市立病院

大月市立中央病院

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院

 

報道によると、感染者は山梨大学医学部附属病院に入院されているようです。

このまま完治してくれるといいですね。

山梨県初の新型コロナウイルス感染者の報道を聞いた人々の反応

今回の山梨県初となる新型コロナウイルス感染者の報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。


まとめ 

山梨県でもついに新型コロナウイルスの感染者が確認されてしまいましたね。

今後も山梨県で感染者が増えていくかもしれません。

山梨県に住んでいる人は十分注意しましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!