NO IMAGE

兵庫県姫路市の新型コロナウイルス感染者は誰?勤務先や入院先の病院は?

2020年3月8日に兵庫県姫路市で新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの報道がありました。

姫路市で感染者が確認されるのは今回で2人目となります。

兵庫県でも着実に新型コロナウイルスの感染者が増えてきてますね。

感染者が増えるスピードが全然落ちてこないあたり、新型コロナウイルスの感染力の高さがうかがえます。

すでに感染経路を把握しきれていない地域もあると耳にするほど、どこに感染者がいるのかわかっていない状況です。

もしかしたら自分が住んでいる地域にもすでに感染者がいるかもしれません。

そう考えると怖くなってきますよね。

だからこそ予防対策をしっかりとらないといけませんね。

姫路市でも感染が広がっているということで、姫路市に住んでいる人は十分注意してください。

今回姫路市で確認された感染者は一体どんな人でどのような経路で感染したのでしょうか?

勤務先、そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

兵庫県姫路市で2人目となる新型コロナウイルス感染者は誰?

感染者は50代女性看護師

今回の感染者は姫路市内の病院に勤務する50代女性看護師ということがわかりました。

姫路市で2人目の感染者が確認されたことはネットニュースでも取り上げられています。

 兵庫県姫路市は8日、市内にある仁恵病院に勤務する同市の50代女性看護師が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は11人になった。女性は52人の入院患者がいる精神科病棟で勤務し、発熱後も出勤。病棟のスタッフ35人のうち1人にせきが出ており、自宅待機している。女性は50代の夫と80代の父と3人暮らし。家族に症状は出ていないという。

市によると、女性は2月29日朝、37・5度の熱があり、せきの症状も出た。出勤後、熱が38・6度まで上がった。その後、36~37度台に下がり、3月3~5日にかけて出勤していた。病院は3月9日から1週間、外来診療を休診。

引用:東京新聞

どうやら感染者は発熱後も病院に勤務していたそうです。

しかも感染者の濃厚接触者が看護にあたった入院患者ら約90人もいるとのこと。

大変なことになってしまいましたね。

これは間違いなく入院患者にウイルスが感染していることでしょう。

患者1人でも感染していたら、その患者から別の患者に感染していくことも考えられます。

そうなってしまったら感染を防ぐすべがありません。

早急に患者や他の看護師さんを検査してほしいですね。

新型コロナウイルスに感染した50代女性看護師の勤務先はどこ?

今回感染が確認された50代女性看護師の勤務先は仁恵病院ということがわかっています。

仁恵病院の住所は兵庫県姫路市野里275。

地図はこちらになります。

濃厚接触者が約90人もいるっていうのが心配ですね。

これ以上病院内の感染者が増えてほしくないところです。

50代女性看護師の入院先の病院はどこ?

新型コロナウイルスに感染した50代女性看護師は現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

兵庫県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。

一覧がこちら。

 

神戸市立医療センター中央市民病院

兵庫県立尼崎総合医療センター

兵庫県立加古川医療センター

市立加西病院

姫路赤十字病院

赤穂市民病院

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

兵庫県立淡路医療センター

 

今回の感染者は姫路市ということで、姫路赤十字病院に入院している可能性が高いでしょう。

早く完治してくれるといいですね。

兵庫県姫路市の50代女性看護師が新型コロナウイルスに感染したことを聞いた人々の反応

兵庫県姫路市の女性看護師が新型コロナウイルスに感染したことを聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ 

最近では看護師の新型コロナウイルス感染者が増えてきてますね。

看護師は患者と接する機会が多い職業なだけに、感染が拡大していかないか心配になります。

看護師として働いている人は注意してくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!