NO IMAGE

青森県初のコロナウイルス感染者は誰?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?感染経路は?

青森県で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。

ついに青森県でも感染者が確認されてしまいましたね。

現在日本国内で感染が拡大している新型コロナウイルスですが、未だに感染の勢いは落ちることをしりません。

新しい地域で感染者が確認されたりと、感染の範囲も徐々に拡大している状況です。

毎日のように新しい感染者の報道を聞いていると、いつか自分も感染してしまうのではないか?と不安になってしまいますよね。

現時点では新型コロナウイルスに対する特効薬はありません。

そのため今の僕たちにできることといったら、新型コロナウイルスに感染しないように日ごろから手洗いうがい、十分な睡眠や栄養バランスの取れた食事などの予防対策をすることだけです。

新型コロナウイルスはいつどこで誰が感染してもおかしくない現状です。

だからこそ、1人1人が意識して感染予防につとめましょう。

今回青森県初の新型コロナウイルス感染者はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか?

そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

青森県初の新型コロナウイルス感染者は八戸市に住む70代の夫婦

今回確認された青森県初の新型コロナウイルス感染者はいったい誰なのでしょうか?

感染者は八戸市に住む70代男性経営者と70代女性無職の夫婦ということがわかりました。

このことはネットニュースでも取り上げられています。

青森県や八戸市によりますと、八戸市に住む2人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかったということです。青森県内で感染が確認されたのは初めてです。青森県は23日午後9時から記者会見して発表することにしています。

引用:NHKニュース

どうやら夫である70代男性は3月9日から3月15日までスペインへ旅行していたらしく、帰国後発熱やのどの痛みなどの症状を確認。

その後22日に夫婦で検査を行った結果、新型コロナウイルスの感染を確認したんだそうです。

最近確認されている感染者は、スペインやイタリアなどのヨーロッパからの帰国者が多いですね。

今では世界中が新型コロナウイルスの問題に直面していて、どこの国も感染者の人数が急激に増え続けています。

そのため現在は日本よりも感染者が多い国は珍しくありません。

つまり今は日本国内よりも海外の方が感染のリスクが高いということです。

このことから、しばらくは海外に行かないようにしましょう。

青森県初の新型コロナウイルス感染者である70代夫婦の感染経路は?

今回感染が確認された青森県の新型コロナウイルス感染者である70代夫婦はどのような経路で感染したのでしょうか?

これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。

 

3月9日~3月15日 夫の70代男性がスペインへ旅行

3月18日 夫である70代男性が発熱を確認

3月19日 妻である70代女性が発熱を確認

3月22日 医療機関を受診

3月23日 検査の結果、新型コロナウイルス陽性を確認

 

最近の感染者の報道を見ていて思うのが、新型コロナウイルスが世界的に問題となってきた3月中にもかかわらず、海外へ旅行している人が多いということ。

そして多くの人が新型コロナウイルスに感染して、ウイルスを国内にもってきている状況が続いています。

国内に住んでいる人からしたら本当に迷惑な行為ですよね。

感染拡大を防ぐために多くの人が感染予防に取り組んだり、イベント団体やテーマパークが中止や休業をしている中で、こういった一部の非常識な人がいると感染を防ぐことはできません。

自分は大丈夫だろうという気持ちがあるからこそ、この時期に海外へ旅行することができるのでしょう。

本当に残念ですし、もう少し自分事だと考えて行動してほしいものです。

青森県初の新型コロナウイルス感染者である70代夫婦の自宅はどこ?

今回の感染が確認された青森県の70代夫婦はいったいどこに住んでいるのでしょうか?

感染者は現在青森県の八戸市に住んでいることがわかっています。

八戸市の地図はこちら。

八戸市は、青森県東部に位置する市です。

詳細な自宅の住所などは、感染者のプライバシー侵害となるため公表はされていません。

しかし今回は青森県初の新型コロナウイルス感染者ということで、近所に住んでいる人は誰なのかわかっているのかもしれませんね。

青森県初の新型コロナウイルス感染者の(受け入れ先)入院先の病院はどこ?

今回の青森県初の新型コロナウイルス感染者ですが、現在はどこの病院に入院しているのでしょうか?

青森県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて7棟の病院があります。

その一覧がこちら。

 

青森県立中央病院

弘前大学医学部附属病院

八戸市立市民病院

青森県立中央病院

つがる西北五広域連合 つがる総合病院

十和田市立中央病院

むつ総合病院

 

今回も感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。

ただ今回は青森県初の新型コロナウイルス感染者ということで、第一種感染症指定医療機関の青森県立中央病院か、感染者が住んでいる八戸市にある八戸市立市民病院の可能性が高いのではないでしょうか?

現在は入院していた感染者が回復して無事退院したという報道をよく聞くようになりました。

今回の感染者も早く完治してくれるといいですね。

青森県初の新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道を聞いた人々の反応

今回青森県初の新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ 

日本国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している中、ついに青森県でも感染者が確認されてしまいました。

今後は青森県内でも感染が拡大していく可能性があります。

青森県に住んでいる人は十分気をつけてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!