NO IMAGE

沖縄県のホテルでコロナウイルス感染者!ホテルの場所は?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?

沖縄県のホテルで新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの報道がありました。

沖縄県の感染者は今回で5人目となります。

今もなお日本国内だけでなく海外でも感染の範囲を広げている新型コロナウイルスですが、沖縄県でも徐々に感染者が増えてきていますね。

今後も県内で感染者が増えていくことが考えられます。

沖縄県に住んでいる人は十分気をつけてください。

現状新型コロナウイルスに対する特効薬は開発されていません。

だからこそ、1人1人が危機感を持って感染予防をすることしか方法がない状況です。

日ごろから手洗いうがい、十分な睡眠などの感染予防を徹底してウイルスに感染しないように心がけましょう。

そして今回の感染者は、沖縄県のホテルで働く従業員ということがわかっています。

ホテルの従業員はお客さんと接する機会が多いでしょうから、お客さんにウイルスが感染している可能性があります。

それだけじゃなくて他の従業員に感染している場合も。

感染者の濃厚接触者がいないかどうか早急に洗い出してほしいですね。

今回新型コロナウイルスに感染した沖縄県の感染者はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか?

そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

新型コロナウイルスに感染した沖縄県のホテルの従業員は外国籍の20代男性

新型コロナウイルスに感染した沖縄県のホテルの従業員は外国籍の20代男性ということがわかりました。

このことはネットニュースでも取り上げられています。

沖縄県は、那覇市内のホテルでフロント業務を担当していた20代の外国籍の男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。この男性は今月ベルギーに渡航し、帰国後2日間、ホテルで勤務したということで、県は濃厚接触者の特定を急ぐことにしています。

沖縄県によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは那覇市の「ホテルロイヤルオリオン」で働く20代の外国籍の男性です。

この男性は今月5日から14日にかけてベルギーに渡航し、18日から39度台の発熱とせきの症状が出たため、保健所に相談後、感染症の指定医療機関を受診し、23日感染が確認されました。

男性は指定医療機関に入院していて、重症ではないということです。

男性は帰国後、16日と17日の2日間勤務し、その間、合わせて13人を接客し、ホテルの従業員7人と接触していたということで、沖縄県は濃厚接触者の特定を急ぐことにしています。

引用:NHKニュース

今回の感染者は3月5日から3月14日までベルギーに渡航していたことがわかっています。

最近確認されている新型コロナウイルス感染者は海外からの帰国者が多いですね。

少し前までは、日本が世界的に見て新型コロナウイルス感染大国でした。

しかし今となっては、日本よりも海外の方が感染者の人数が多い状況です。

つまり日本国内にいるよりも、海外にいる方が感染のリスクが高いということです。

新型コロナウイルスに感染しないためにも、しばらくは海外に行かないようにしましょう。

新型コロナウイルスに感染した沖縄県のホテル従業員の感染経路

今回感染した沖縄県のホテルで働く外国籍の20代男性はどのような経路で感染したのでしょうか?

これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。

 

3月5日~3月14日 ベルギーに渡航

3月16日 出勤

3月17日 出勤

3月18日 39度の発熱を確認、医療機関を受診

3月23日 新型コロナウイルス陽性を確認

 

今回の感染者は外国籍の人ということで、祖国に帰省していた可能性もありますね。

この流れからして、ベルギー内で新型コロナウイルスに感染した可能性が高いでしょう。

問題なのは、感染者が16日、17日と出勤したこと。

この間感染者は合わせて13人を接客し、ホテルの従業員7人と接触していたということがわかっています。

接触した人たちが心配ですね。

ウイルスに感染していないといいんですが・・・。

新型コロナウイルス感染者の勤務先のホテルはどこ?

新型コロナウイルスに感染したホテル従業員が勤務しているホテルはいったいどこなのでしょうか?

ホテルの場所は、那覇市にある『ホテルロイヤルオリオン』ということがわかっています。

住所は沖縄県那覇市安里1丁目2−21。

地図はこちらになります。

新型コロナウイルスに感染した20代男性従業員の(受け入れ先)入院先の病院はどこ?

新型コロナウイルスに感染した外国籍の20代男性従業員は現在はどこの病院に入院しているのでしょうか?

沖縄県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。

その一覧がこちら。

 

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

琉球大学医学部附属病院

沖縄県立北部病院

沖縄県立中部病院

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

沖縄県立宮古病院

沖縄県立八重山病院

琉球大学医学部附属病院

 

今回も感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。

感染者は重症ではないとのこと。

早く完治してくれるといいですね。

沖縄県のホテル従業員が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いた人々の反応

今回沖縄県のホテル従業員が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ

最近は沖縄県の感染者が立て続けに確認されています。

今後も感染が拡大していく可能性が高いです。

沖縄県に住んでいる人は十分注意しましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!