NO IMAGE

神戸大学のドイツ帰国のコロナウイルス感染者は誰?感染経路や入院先の病院はどこ?

大阪府と兵庫県で新たな新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。

今回感染が確認されたのは、兵庫県にある神戸大学の在校生ということがわかっています。

またまた大学生の新型コロナウイルス感染者が確認されましたね。

そして感染者はドイツ旅行をしていたことがわかっています。

現在は日本国内だけでなく、世界中の国々で大きな問題となっている新型コロナウイルス。

その感染力は絶大で、海外の国々では日本とは比べ物にならないほどの感染者や死亡者を出しているほど。

最近はそんな海外の恐ろしい報道をよく見るようになったので、いつか日本も海外みたいになってしまうのでは?と不安を恐怖にかられてしまいます。

日本でもついに緊急事態宣言が宣言されますし、本格的に感染を拡大させないように動いていきます。

だからこそ、僕たちは日ごろから手洗いうがいを実施することはもちろんのこと、不要な外出をしないようにして新型コロナウイルスに感染しないようにしましょう。

今回大阪府、兵庫県で確認された、神戸大学の在校生はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか?

そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

気になる情報を調査してきました。

神戸大学のドイツ旅行した新型コロナウイルス感染者は誰?

神戸大学の新型コロナウイルス感染者である在校生がドイツ旅行をしていたことはネットニュースでも取り上げられています。

神戸大学は、先月、ドイツ旅行から帰国した在学生のうち、3人が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。
3人は、兵庫県や大阪府で感染が確認されていました。

神戸大学によりますと、3人はいずれも20代の在学生で、先月12日から16日にかけて別の大学の学生3人を含む7人のグループでドイツに旅行していました。
帰国後、先月27日ごろからせきや発熱などの症状が出て検査を受けたところ、感染が確認されたということで、それぞれ居住地の神戸市、西宮市、それに大阪・八尾市の感染者として発表されていました。
神戸大学の杉村和朗理事は、「各学生には海外への渡航を認めないと通知していたが、徹底されず残念だ。引き続き、学内での感染拡大の防止に努める」と話していました。

引用:NHKニュース

今回の感染者は合計3人。

大阪府八尾市の男子学生、兵庫県神戸市の男子学生、兵庫県西宮氏の男子学生です。

どうやら感染者は3月12日から3月16日にかけて、他の大学の学生3人を含む7人でドイツに旅行していたことがわかっています。

ということは神戸大学からは4人の学生が旅行していたということですね。

今は日本よりも海外の国々の方が新型コロナウイルス感染者の人数が多い状況です。

つまり日本国内よりも海外にいる方が感染のリスクが高いということ。

今後も海外帰国者の中から感染者が確認されるかもしれないので、直近で海外に行っていた人は注意してください。

神戸大学の場所はどこ?

今回の感染者が通っている神戸大学はいったいどこにあるのでしょうか?

神戸大学の住所は〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1。

地図はこちらになります。

神戸大学のドイツ帰国の新型コロナウイルス感染者の感染経路

今回新型コロナウイルスの感染が確認された神戸大学の学生はどのような経路で感染したのでしょうか?

これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。

 

3月12日~3月16日 ドイツを旅行

3月27日 発熱や咳などの症状を確認

3月30日~4月2日 3人の新型コロナウイルス陽性を確認

 

感染者は帰国後にキャンパスには立ち入っていないことから、他の大学みたいに学校内で新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生する可能性は低いかもしれませんね。

ただ感染者が帰国後、誰かと遊んでいたりと接触していた可能性は十分にあります。

濃厚接触者を早急に洗い出して検査を行ってほしいところ。

しかし3月中といえば、世界中で新型コロナウイルスが問題視されていた時期になります。

しかもヨーロッパなんてとくに感染がひどい状況でした。

新型コロナウイルスに感染するリスクが高いことはわかっていたと思います。

せっかくの友人との旅行だから行きたい気持ちもわかりますが、結果としてウイルスに感染して持ち帰ってきたわけですから、もう少し考えて行動してほしかったです。

こういった人が一定数いることが非常に残念でなりません。

神戸大学のドイツ帰国の新型コロナウイルス感染者の(受け入れ先)入院先の病院はどこ?

今回新型コロナウイルスの感染が確認された神戸大学の感染者は、現在どこの病院に入院しているのでしょうか?

感染者は大阪府と兵庫県に住んでいます。

なので大阪府と兵庫県の感染症指定医療機関を紹介しましょう。

大阪府には感染症指定医療機関が、特定感染症指定医療機関、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて6棟の病院があります。

その一覧がこちら。

 

りんくう総合医療センター

大阪市立総合医療センター

堺市立総合医療センター

市立豊中病院

市立ひらかた病院

地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター

 

兵庫県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。

これがその一覧です。

 

神戸市立医療センター中央市民病院

兵庫県立尼崎総合医療センター

兵庫県立加古川医療センター

市立加西病院

姫路赤十字病院

赤穂市民病院

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

兵庫県立淡路医療センター

 

今回も感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。

感染者は20代と若く、回復するのも早いと思われます。

感染者が早く回復して無事退院してくれるといいですね。

神戸大学の学生が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いた人々の反応

今回神戸大学の学生が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。

その一部を紹介しましょう。

まとめ 

海外帰国の方から未だに新型コロナウイルス感染者が確認されています。

海外の方が日本よりも感染のリスクが高い状況です。

直近で海外に行っていた人は用心してください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!