ドラマ『SUITS/スーツ2』1話のあらすじや&ネタバレ感想を紹介!視聴者の評判は?

2020年4月13日月曜日に織田裕二さん主演のドラマ『SUITS/スーツ2』の放送がスタートしました。

前作『SUITS/スーツ』の続編ということで楽しみにしていた人もいいのではないでしょうか?

今作でも、織田裕二さん演じる甲斐正午と中島裕翔さん演じる鈴木大輔の最強タッグやその他のメンバーの活躍に期待したいですね。

そんなSUITS/スーツ2の第1話が放送されたということで、あらすじやネタバレ付きの感想、そして視聴者の評判などを紹介していきます。

*もしSUITS/スーツ2の第1話を見逃してしまってどうしても視聴したいと考えている人。

そしてもう一度第1話を視聴したいと考えている人は、下記の記事で詳しい方法を解説しているのでぜひ読んでみてください。

関連記事

2018年10月8日から12月17日までフジテレビ系「月9」枠で放送されていたテレビドラマである『SUITS/スーツ』が、この度『SUITS/スーツ2』として帰ってきました! SUITS/スーツ2はSUITS/スーツの時と一緒で、20[…]

『SUITS/スーツ2』第1話のあらすじ

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。


同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したのだ。かつて甲斐とチカは、上杉の弱みを握り、事実上、彼を事務所から追い出していた。復帰への意欲をのぞかせる上杉。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

『SUITS/スーツ2』第1話のネタバレ感想

まず序盤に甲斐が所属している「幸村・上杉法律事務所」では新オフィスへ移転するために引越し作業が行われていました。

甲斐はボストンに行っていたアソシエイトの鈴木を日本へ呼び戻します。

戻ってきた鈴木に対して、甲斐はリハビリがてらさっそく仕事を与えました。

内容は、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件というもの。

鈴木の能力なら余裕と思われていたのですが、これが結構苦戦強いられることに・・・。

一方の甲斐は、人航空機制御システムを新開発した「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡から「新システムを売却し宇宙事業への一本化を進めようと考えているから新システムを最低100億円で売却して欲しい」との依頼を受け、しかもその結果次第で今後の顧問契約を考えるとも付け加えます。

もちろん甲斐はこれを快く引き受けるのですが、甲斐もまた大苦戦を強いられることになります。

いろいろな企業に「フューチャースカイ」の売却案件の話を持ち掛け、売却価格の吊り上げを図りますが、最高でも80憶円となかなか最低金額の100億円に届く企業が現れません。

そんな中幸村のもとに、事務所の共同代表の上杉の奥さんが亡くなったとの知らせが入りました。

上杉はどうやらメンバー間では評判が悪く、奥さんの死をきっかけに再びオフィスに戻ってくるのでは?と不安になっています。

そんな上杉に対して甲斐は「あなたに戻る席はない」と明言します。

かつて上杉を事務所から追い出した甲斐や幸村によっては、どうしても上杉には事務所に戻ってきてほしくなかったのでしょうね。

上杉が過去にどのようなことをしてきたのか非常に気になりますね。

今後の展開に期待しましょう。

そんな不安要素を抱えながらも、鈴木は聖澤の協力もあり、訴えていた女性が納得するような資料を揃えてなんとか案件を解決に導きます。

そして甲斐の方も、「フューチャースカイ」の特許侵害を突き止め新たな交渉方法を提案し、三津谷は甲斐の要求を受け入れ顧問契約を継続することになりました。

お互いの案件を片付け一件落着と思っていたのもつかの間、事務所に戻ると職場に復帰した上杉と対峙します。

『SUITS/スーツ2』第1話を見た視聴者の評判

関連記事

2018年10月8日から12月17日までフジテレビ系「月9」枠で放送されていたテレビドラマである『SUITS/スーツ』が、この度『SUITS/スーツ2』として帰ってきました! SUITS/スーツ2はSUITS/スーツの時と一緒で、20[…]

最新情報をチェックしよう!